メンタルに効く西洋美術―逆境にもくじけないアーティストたち

個数:
  • ポイントキャンペーン

メンタルに効く西洋美術―逆境にもくじけないアーティストたち

  • 宮本 由紀【著】
  • 価格 ¥2,090(本体¥1,900)
  • マール社(2020/08発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 38pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月22日 14時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 208p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784837306863
  • NDC分類 702.3
  • Cコード C0070

内容説明

本書は、アートの世界に生きた作家・コレクター・批評家たちの肉声を集めた美術の読みものです。ルネサンス三大巨匠や印象派のモネ&カサット、ポスト印象派のゴーギャン&ゴッホなど人気の作家から、ホガースやラングといったエッジの効いた作家まで、その生き様を紹介。逆境にもがき苦しみながら、それでも創ることを止めずに胆力で生き抜いたアートの偉人たち。彼らの悲喜こもごもには、私たちが現代を生きるためのヒントがたくさん詰まっています!

目次

1 可愛さあまって憎さ100倍…?
2 教皇の愛から逃れるすべはない
3 曲線の魅力
4 印象派時代の二強女性
5 するめタイプは飽きがこない
6 仁義なきビジネスマン
7 ファッショナブル絵画から宗教画へ
8 共感か同情か―日系人強制収容所の記録写真
9 スケッチばかりで何も完成させられない!

著者等紹介

宮本由紀[ミヤモトユキ]
「英語でアート」(西洋美術史、美術英語)講師、アート・エデュケーター。2005年より“英語でアート”のスクール、Art Allianceを主宰。女子美術大学非常勤講師。女子美術大学付属高等学校・中学校の“美術英語”カリキュラム導入コンサルタント。ヒューストン大学美術史学科卒(学士号)、セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ(美術史)科卒(修士号)、ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門インターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。日米アーティストのエージェント/メディエーターも務め、国内外で展覧会を企画。香川県生まれ、サンフランシスコ育ち(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ふじこ

4
個人的にはミケランジェロのエピソードが面白かったです。2021/03/11

クサバナリスト

4
画家のエピソード集?2020/10/12

saorinn

3
ちょっとタイトルは関係ないような気がしました。有名な芸術家たちのエピソードを手紙や当時の評論などの資料を元に紹介されています。簡略化され面白おかしく書かれているものとは違うので、さらさらとは読めませんが読み応えがありました。特に第二次世界大戦の頃、アメリカで日系人が強制収容され、その様子、生活が写真に残されているのは衝撃的でした。写真と冷静なキャプションで差別に対する静かな怒りを表現したラングさん。知らない人でしたが、知れて良かったです。2021/01/24

kobayo

1
流し読みながら手紙、エピソード等は興味深かった。最初がゴッホ、ゴーギャンを持ってきているのもある。あとがきにある「自分軸の確立、人生哲学の獲得」は気にかけていきたい。2021/05/23

kaz

1
芸術家個人の思い、今まで聞いたことのなかったエピソード等は面白いが、メンタルに効くというタイトルの意味はよくわからない。紹介されているのは、ゴーギャンとゴッホ、ミケランジェロ、ホガース、カサット、ルイジーヌ(米コレクター)、ラファエロ、モネ、ティソ(ファッショナブル絵画から宗教画へ)、ラング(写真家)、アダムス(写真家)、レオナルド・ダ・ヴィンチ。2021/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16257622

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。