料理嫌いだった私が「365日×15年」毎日台所に立ち続けた理由

個数:

料理嫌いだった私が「365日×15年」毎日台所に立ち続けた理由

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月06日 01時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784835628516
  • NDC分類 596
  • Cコード C0095

内容説明

子どもを守るために、バブルOLがド根性母ちゃんへ変身!人気料理家の涙と笑いの15年レシピエッセイ。

目次

家庭料理の一番のコツは「頑張らない」
無添加100%を可能にする考え方
調理は「煮る」と「焼く」ができればいい
やっぱり家庭料理の基本はだし
いい食材と調味料が料理をラクにする
食材の「旬」と「産地」を考える
ベーコン、ハム、ソーセージも手作りへ
学校に呼び出された日々
ワザを磨いた福井時代
料理は献立が8割、「おいしい」は2割〔ほか〕

著者等紹介

宮川順子[ミヤガワジュンコ]
1957年福岡県生まれ。「MIIKU(社)日本味育協会」代表。料理教室を主宰すると共に、食業界のプロや一般に向けて、広く味覚教育講師や資格試験講師、商品開発のアドバイザーなども務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あつこんぐ

10
載っている料理は美味しそうだし、色々と苦労されたのだろうけど、所々で出てくる自慢がちょっと・・・( ̄▽ ̄;)最後の息子さんからのメッセージを読むと息子さんの方が謙虚で良い人に思えます。本人は気がついてないんでしょうけどね。2017/01/08

kco

3
2016-56。お金持ちの専業主婦、だからできることがたくさん。が、サラダの作り方は参考になった。塩胡椒、レモンか酢(小1)を先になじませ、レタスを入れてまぜ、オリーブオイル縁からまわしかけて、やさしく和える。2016/07/17

attsun

2
特に目新しいものはなく。ド根性母ちゃんというより鼻につくセレブ気取り?ちなみに福井は新鮮な山の幸と海の幸、こだわりの調味料もたくさんある。福井に来ていろんな食材を知った。アトピー体質ならそれで充分なのでは。2016/10/17

めっきら

1
作者の語り口は気になったけど、努力とレシピとポイント制は勉強になった。2016/03/01

あらびっくり

0
お子さんが病気だったことが続けられた大きな要因にも思いましたが、考え方として、「頑張らないこと」と「料理を科学実験のように考える」という記述は参考になりました。2020/12/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10143934

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。