エンジン01選書<br> 日本流ファシズムのススメ。

電子版価格 ¥596
  • 電書あり

エンジン01選書
日本流ファシズムのススメ。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 120p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784835617398
  • NDC分類 304
  • Cコード C0095

内容説明

2009年8月、自民党大崩壊!日本はどうあるべきか?いかにすべきか?3人の論客による“驚愕の新生・日本論”キーワードはなんと“ファシズム”である。

目次

第1章 オバマとファシズム
第2章 金融大恐慌と新自由主義
第3章 オバマ大統領就任後の“世界”

著者等紹介

田原総一朗[タハラソウイチロウ]
ジャーナリスト。34年滋賀県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。岩波映画制作所に入り、のちテレビ東京に移りドキュメントを手がける。話題の最先端に常にこの人ありと言われる。テレビ朝日系列で87年より「朝まで生テレビ」、89年より「サンデープロジェクト」に出演中。早稲田大学特命教授、大隈塾塾頭

佐藤優[サトウマサル]
作家。60年生まれ。東京都出身。元外務省主任分析官。同志社大学大学院進学研究科修了。ソ連崩壊を挟む88年から95年まで在モスクワ日本大使館勤務の後、本省国際情報局分析第一課へ。主任分析官として活躍したが、02年5月、背任などで逮捕。09年6月に執行猶予付き判決が確定

宮台真司[ミヤダイシンジ]
59年仙台市生まれ。首都大学東京教授。東京大学大学院博士課程修了。社会学博士。テレクラ、援助交際、オウム問題、専業主婦、少年犯罪、学級崩壊、盗聴法など、多くの分野で発言を行い、改革プログラムなどにも参加。近年は「ソーシャルデザイン」の視点から、社会設計を行うエリートの必要性を説く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。