お母さん童話の世界へ―徳永寿美子の足跡

お母さん童話の世界へ―徳永寿美子の足跡

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784835550084
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

お母さん童話の創始者、徳永寿美子。その生涯と作品世界を鮮やかに、生き生きと描く。

目次

第1章 ある生い立ちの記
第2章 前田ひさのから徳永寿美子へ
第3章 戦前の児童文学界の流れ
第4章 戦後が終わるまで
第5章 見る絵本と耳からの童話
第6章 翻訳と再話の周辺
第7章 経済の繁栄と精神の荒廃
第8章 いま、徳永寿美子を

著者等紹介

渡辺玲子[ワタナベレイコ]
1935年生まれ、広島県出身。広島女学院大学英文学部卒業。医療法人社団渡辺医院事務長。国際ソロプチミスト大竹会長。広島ペンクラブ会員。オイスカ会員。ぎんのすず研究会会員。二男一女の母、現在は夫と二人暮らし。広島県大竹市在住
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。