森での老い暮らしを前に―「僕は森へ家出します」から十年のうつろい

個数:

森での老い暮らしを前に―「僕は森へ家出します」から十年のうつろい

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 248p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784835519807
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

老年への暮らしを考える、読者へのヒントがある。じんぺい流ライフスタイルを実践する「森と都市の生活」が綴られたエッセイ集。

目次

森林逍遙(春の森;春・めざめの森 ほか)
山行遊歩(週末、山歩きのすすめ;登山中毒になった ほか)
故郷回想(遠くから想う;誇れる文学界の同郷人 ほか)
都市交遊(装幀家として;「早稲田文学」の顔 ほか)
そして、今(森暮らしの一一年と、老いへの準備)

著者等紹介

荒川じんぺい[アラカワジンペイ]
1946年栃木県生まれ。装幀家・エッセイスト・流木造形家。日本文芸家協会会員、日本冒険作家クラブ会員、国際焚火学会会員。これまで冒険小説を中心に多数の装幀を手がけ、’90年より、週末を山梨県・八ヶ岳南麓の森に暮らし、東京と往復しながら多岐に亘り幅広い創作活動をしている。あわせてテレビ、ラジオ等の出演も多く’97年4月より放送した『じんぺい通信』と’98年4月より『荒川じんぺいの低山ベストコース』(共に毎週30分番組)は、関東近県ローカルテレビにて再放送中。仕事で始めた山巡りをエッセイにまとめ、パソコン習熟体験記を出版するなど多才である
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。