労働組合法の解説―労働法総論・集団的労働関係法 (13訂版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 204p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784834835724
  • NDC分類 366.16
  • Cコード C1332

内容説明

本書は、労働法全体を通ずる基礎的な事項(労働法総論)と、労働組合法を中心とする法律(集団的労働関係法)について、解説しています。

目次

序章 労働法総論
第1章 労働組合
第2章 団体交渉
第3章 団体行動
第4章 労働協約
第5章 不当労働行為
第6章 公務員などについての特例

著者等紹介

金井正元[カナイマサモト]
1935年長野県生まれ。千葉県在住。1957年東京大学法学部卒業。司法試験合格。国家公務員六級職(現1種)試験(法律職)合格。通訳案内業試験(英語)合格。実用英語検定1級合格。内閣総理大臣官房参事官兼内閣審議官、労働省(現・厚生労働省)労働研修所長などを経て、前・聖徳大学教授(元・国立音楽大学教授)。前・国際基督教大学(ICU)講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。