たくさんのふしぎ傑作集<br> 琉球という国があった

個数:

たくさんのふしぎ傑作集
琉球という国があった

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月08日 17時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 40p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784834085495
  • NDC分類 K219
  • Cコード C8721

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふう

102
読友さんの感想で知った本。日本人であるわたしは、当然のように縄文弥生時代から近代までの日本史を学んできたのですが、沖縄の子どもたちも同じなのでしょうね。でも、この本を読むと江戸時代までは、沖縄が琉球と呼ばれる独立した国家で、開かれた海洋国家として、日本や中国朝鮮東南アジアとかなり自由に交易していたことがわかります。異なる文化や宗教もおおらかに受け入れ、独自の形で発展していったことも。様々な人々が交流する場面が描かれた市場の絵のなんてすてきなこと。こんな歴史があったことをもっとたくさんの人に知ってほしい…。2020/07/05

やま

100
日本と中国などを結ぶ「かけ橋」として活躍した琉球王国の物語です。いまから142年前の1879年。明治政府によって琉球王国は廃止され、日本の「沖縄県」として新しい道を歩むまで琉球王国は存在したのです。日本本土と中国を結ぶ要衝の地にある沖縄は、その地理的な利点を最大限に活用して多くの国と貿易して富を得ていたことが分かる本になっています。現在は、アメリカ軍が、手放さないほど中国及びアジアへ軍を進めるのに格好の場所なのです。字の大きさは…中。2021.10.23読了。★★★☆☆2021/10/23

ゆみきーにゃ

93
あたしが読みたくて借りました。知らなかったことばかり。沖縄の平和、そして首里城の復興をお祈り致します。2020/11/19

☆よいこ

77
2019年10月31日の火災で首里城は焼失した。2012年に刊行されたものに巻末解説つけて、内容はそのままに出版されたもの。琉球と中国(明)との関係がわかる。琉球と日本の外交はお坊さんが担っていたと初めて知った。琉球は「つなげる国」だったのだと。▽沖縄行きたい2021/05/18

とよぽん

56
読友さんのレビューを読んで。この1冊で沖縄の素晴らしい文化と歴史をたどることができた。首里城正殿にあった「万国津梁の鐘(ばんこくしんりょうのかね)」は、世界の架け橋の鐘という意味とのこと。中国や東南アジア諸国との交易によって独自の文化を築いた琉球・・・。その象徴としての首里城焼失は本当に残念だ。また、1609年、薩摩の島津氏に征服されるという存亡の危機も胸が痛む。そして太平洋戦争、さらに米軍基地・・・。2020/04/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15068612

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。