かがくのとも絵本<br> あずき

個数:

かがくのとも絵本
あずき

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年12月06日 07時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4変判/ページ数 28p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784834084276
  • NDC分類 E
  • Cコード C8761

出版社内容情報

様々なおめでたい行事で、あずきを使ったお菓子や料理が食べられてきました。あずきの赤い色にある思いが込められているのです。おめでたい席には「お赤飯」、お正月の「お汁粉」、ひな祭りの「よもぎだんご」、こどもの日の「かしわもち」など様々な行事で、あずきを使ったお菓子や料理が食べられてきました。なぜ、おめでたい席に、あずきを食べるのでしょうか? それは、あずきの赤い色にある思いが込められているからなのです。あずきの生長を見ていきながら、その赤い色が出来るまでを観察し、そこに込められた思いに迫ります。

荒井真紀[アライマキ]
著・文・その他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぶち

99
昔からハレの日に欠かせないのが小豆です。 小豆を土に蒔くと、やがて芽が出て、どんどん成長して、黄色い花が咲きます。花がしぼんだ後に、さやが育ち、さやが茶色になると中にはあずき色の豆がびっしりと並んでいます。この絵本で初めて、小豆の花やさやを見ました。綺麗な黄色の花は可憐ですね。 小豆を使ったお菓子や料理は、お赤飯、お汁粉、柏餅など、おめでたいときや節句などには欠かせないものです。そこには、人々の願いや想いが込められています。そんなことを教えてくれる素晴らしい絵本です。2019/05/24

あすなろ

78
なかなか面白くかつ美しい水彩画?色鉛筆画?の絵本。1つの小豆から306の小豆豆が取れる一頁など感動してしまいました。流石、福音館の絵本。月刊かがくのともからのスピンアウト絵本。2019/06/16

ちえ

44
小豆、おいしいよね。この品のいい色はさらし餡かな、なんて思いながら読む。そういえば、昔裏の畑に植えてもいない小豆が一本生えてきたことがあったっけ。この黄色い花の豆は何だろう?と思ってさやを割ってみたら小豆だったな。2020/12/19

ベル@bell-zou

34
たった一粒の小豆から更に沢山の小豆の鞘ができる。おかげで私たちは常にあずきを堪能できるのだ。あずきの花って黄色なのね。すごい速さで小豆ができる印象だったので調べたら、種を播いてから4~5ケ月かかって収穫される。あっという間じゃないね(^^ゞhttps://www.mame.or.jp/seisan/saibai/azu_souron.html 私の好きなもの~あんパン、桜餅、きんつば、おはぎ。おはぎは母の味でもあるけれど、どちらかというとあずきを煮てるうちに焦がしてしまってガッカリしてる姿を思い出すなぁ。2019/02/20

ねなにょ

33
1粒のあずきが306粒に! (ノ゚ο゚)ノ 。あずきを1粒土に蒔いて、どんな風に育っていくのかが丁寧なイラストとともに、とてもわかりやすく描かれている。久しぶりに小豆を炊こうかな?2019/10/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13178100

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。