福音館創作童話シリーズ<br> ルソンバンの大奇術

個数:
  • ポイントキャンペーン

福音館創作童話シリーズ
ルソンバンの大奇術

  • 牡丹靖佳
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 福音館書店(2018/02発売)
  • 福音館書店 ポイント2倍キャンペーン対象商品(4/1~5/31)
  • ポイント 30pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 140p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784834083880
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

出版社内容情報

たった一度の失敗で全てを失ったマジシャンが、少年と野良犬との出会いをきっかけに、得意のマジックを駆使し繰り広げる大冒険!誰にもまねできない雷のマジックで、劇場のスターだったルソンバン。たった一度の失敗ですべてを失い、カフェで細々と手品を披露する日々を送っていましたが、少年テレピンと、野良犬ベレとの出会いをきっかけに、少しずつマジックへの情熱と自信を取り戻していきます。そんなある日、ベレが危険な犬と勘違いされ、ケイサツに連れていかれてしまいます。ベレを助け出そう! マジックを駆使した、ルソンバンの冒険が幕を開けます。

牡丹靖佳[ボタンヤスヨシ]
著・文・その他/イラスト

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

102
牡丹さんの本は3冊目です。いままで2冊は絵本でしたが、これは童話で文章も同じ作者です。絵を見たときは日本人の作家らしくないと思われたのですがこの童話も海外の作品だといわれても違和感がありません。マジックの話でしかも挿絵もカラフルで楽しめます。まだ作品は少ないようですが、これからが楽しみな作家さんだと思われます。2018/09/01

anne@灯れ松明の火

24
隣町で、偶然出会い、牡丹さんの絵本が好きなので、手に取った。マジシャンのルソンバンは町の劇場のスターだったが、大失敗をして、すべてを失った。それから20年。少年テレピンと、野良犬ベレとの出会いをきっかけに、ルソンバンに変化が……! 捕まえられたベレを助けるため、ルソンバンとテレピンの活躍に引き込まれる。挿絵も多くて、絵本ファンはうれしい! 話に関係ないが、牡丹さん、「やすか」と読んで、女性だと思っていたが、「やすよし」で男性でだった^^;2022/01/02

風香

14
かつては人気を博していたが大きな舞台で失敗してしまい、今は静かに暮らしているマジシャン・ルソンバン。 男の子と出会うことで、物語が動いていく。 マジックを使いながら、犬のベレを助け出したり、パン屋のおかみさんを手伝う場面は小気味好い。挿絵も美しく、物語の世界にぴったりである。いつかどこかでルソンバンに会えますように。2018/12/07

BB

12
衝撃絵本『たまのりひめ』からの『おうさまのおひっこし』からの本作。どうなるどうなるからのそうきたかー。『おうさまのおひっこし』に続き、いい話(^^)牡丹さんファンになりそうです。ごちそうさまでしたm(__)m2020/03/06

おはなし会 芽ぶっく 

11
ルソンバンの過去は栄光そのもの、けれど今となっては落ちぶれてしまっています。が、きちんと身なりを整える姿は、紳士的な彼の日常といつかまた、という気持ちなのでしょうか?トラブルに巻き込まれるもユーモアあふれる展開に楽しく読めました。ルソンバンは今もどこかでアッと驚く奇術を披露しているのでしょう。2020/05/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12586408

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。