日本傑作絵本シリーズ<br> 子どもつなひき騒動

個数:

日本傑作絵本シリーズ
子どもつなひき騒動

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 08時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 40p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784834083415
  • NDC分類 E
  • Cコード C8795

出版社内容情報

ひとりの子どもをめぐり、おたがいに自分のものだと言い張るふたりの母親。大岡越前が提案した不思議な解決方法とは?母ひとり子ひとり、貧しいながらも楽しく暮らしていたお里さんと娘のお花。一方、お花の父親の再婚相手のお絹さんには子どもがおらず、お花が欲しくてたまらない。ある日お花が病気になり、薬代がはらえず途方にくれたお里さんは、娘を助けるためやむなくお絹さんにお花を託すが……。大岡政談の名作が、前作『三方一両損』に続き、宝井琴調・ささめやゆきのコンビによる人情味あふれる講談絵本となって登場!

宝井琴調[タカライキンチョウ]
宝井琴調 1955年、熊本市生まれ。1974年、五代目宝井馬琴に入門する。1985年、真打昇進(芸名宝井琴童)。1987年、四代目宝井琴調を襲名する。絵本に『三方一両損』(福音館書店)がある。

ささめやゆき[ササメヤユキ]
ささめやゆき 1943年、東京生まれ。1985年、ベルギー・ドメルホフ国際版画コンクールにて銀賞、95年小学館絵画賞、99年講談社出版文化章さしえ章受賞。絵本に『ねこのチャッピー』(小峰書店)、『椅子―しあわせの分量』(BL出版)、挿絵を手がけたものに『三方一両損』『お父さん、牛になる』(福音館書店)、『狂言えほん・ぶす』(講談社)、『こぶたものがたり』(岩崎書店)、著書に『イタリアの道』(講談社)ほか多数。

内容説明

おっかさんは、どっち?ふたりの母親が、ひとりの子どもをとりあっての大騒動。大岡越前の名さばきが光る、講談絵本第二弾!小学校中級以上。

著者等紹介

宝井琴調[タカライキンチョウ]
1955年、熊本市生まれ。1974年、五代目宝井馬琴に入門する。1985年、真打昇進(芸名宝井琴童)。1987年、四代目宝井琴調を襲名する

ささめやゆき[ササメヤユキ]
1943年、東京生まれ。1985年、ベルギー・ドメルホフ国際版画コンクールにて銀賞、95年小学館絵画賞、99年講談社出版文化賞さしえ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

94
講談絵本で、先日読んだ「三方一両損」と同じシリーズで、大岡裁きのひとつの話です。昔から聞いたこともあり、この本で再度楽しみました。絵と話し言葉の内容が楽しくイメージ的にもぴったりでした。2018/01/14

gtn

29
お絹が引き取ろうとしなければ、子の命が危なかったことも事実。表現の違いはあれど、お里とお絹の子への情愛の深さは同じ。判官贔屓により、大岡越前が結論ありきの裁きを下したと言えなくもない。2021/01/16

ヒラP@ehon.gohon

15
人情味あるお話です。 離縁した後に子どもの産まれた元女房と、子どもに恵まれぬ新女房の間で、心のつなひき。 若狭屋甚兵衛も罪作りですが、大岡越前の名裁きで二人仲良くなっていきます。 こういうことを「子はかすがい」とは言わないと思うのですが、二人の仲を取り持つ形の娘の里ちゃん。 どんな育ち方をするのでしょうね。2017/08/19

おはなし会 芽ぶっく 

9
講談絵本。大岡越前の名裁き。実母と継母が一人の子どもを巡っての争い。昔ドラマで見たなぁ。加藤剛さんの大岡越前がカッコよかった(笑)2023/06/27

いっちゃん

7
大岡裁き、お見事。どちらも納得の良い結末。読んでる私も大満足。2018/09/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11908151
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。