福音館創作童話シリーズ<br> ネコの家庭教師

個数:

福音館創作童話シリーズ
ネコの家庭教師

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月26日 16時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 111p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784834083187
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

出版社内容情報

白いノラネコのベスが、トリア姫に出会い、家庭教師として雇われることになりました。務まるわけがありませんが、そこで……ベスは市場に生まれた白いノラネコでした。ある日、黒塗りの立派な馬車に隠れると、女王様の孫、トリア姫に出会いました。ベスを気に入ったトリア姫は、ベスを飼う方策をあれこれと考えめぐらして、ベスを家庭教師として雇うことになりました。ところが、ノラネコが家庭教師が務まるわけはありません。ベスはひげに鉛筆をあてて音を出してバイオリンを指導したり、しっぽに絵の具をつけて絵を描いたりして、なんとかなりましたが……。

南部和也[ナンブカズヤ]
南部和也(なんぶ かずや) 一九六〇年、東京に生まれる。獣医師。北里大学獣医学科卒業。千葉県で動物病院を開院後、アメリカ合衆国アーバイン市のT.H.E.CAT HOSPITALで研修を受ける。のちに東京でネコの専門病院「キャットホスピタル」を開院する。著書に『ネコのタクシー』『ネコのタクシーアフリカへ行く』『ネコのドクター小麦島の冒険』『しっぽのきらいなネコ』『ケンケンとムンムン』(以上、福音館書店)、『ネコのホームズ』『ネコのホームズ十三かかしの呪い』(以上、理論社)『ネコのラジオ局』『おばけむら』(以上、教育画劇)などがある。NPO法人東京生活動物研究所研究員。

さとうあや[サトウアヤ]
さとう あや 千葉県生まれ。桑沢デザイン研究所卒業。その後、長沢節セツ・モードセミナーに学ぶ。作品に『バレエをおどりたかった馬』『ネコのタクシー』『ネコのタクシーアフリカへ行く』『ネコのドクター小麦島の冒険』『ケイゾウさんは四月がきらいです。』『ゆかいな農場』『こぶたのプーちゃん』(こどものとも年少版)、『アルマジロくんとカメくん』(こどものとも)(以上、福音館書店)、『ピピンとトムトム 怪盗ダンダンの秘密』『ドレミファ荘のジジルさん』(以上、理論社)、『ふみきりのかんたくん』『よんでよんで』(以上、教育画劇)、『ともだち』(偕成社)、『ライ麦を食べたろばのロバート』(冨山房インターナショナル)などがある。神奈川県在住。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

35
市場生まれの猫のベス。ひょんな事から王女様の家庭教師になる話。猫の教えには笑っちゃう部分もあるけれど、猫の先生の方が楽しく学べそう。もっとシンプルな本だと思ったが、戦争についても網羅されていてビックリでした。作者は猫の獣医である南部和也さん。2017/10/31

k sato

28
レッスン料は鰹節・ちゅ~るからお選びください(´▽`) 人生の知恵を授けてくれる素晴らしい児童文学でした。市場で野良生活を送っていた猫・ベスが、宮廷に住むお姫さま・トリアに拾われ一国の立派な家庭教師猫に成長するまでのサクセスストーリー。ベスは二足歩行の喋る猫。大好きなトリアのために、人間の書物を読み知識を蓄え教養を得るベス。ベスに勉強を教えてくれたメルバーン卿は、教養とは「なぜ」にこたえることとベスに諭しました。「生きるのに精いっぱいだとなかなか疑問が生まれないのです」というベスの言葉に合点がいきました。2023/10/22

いろ

22
児童書。市場に住む野良猫が,お姫様の家庭教師になって…というお話。もっとファンタジックだったりほのぼのとした内容かと思ったら,平和を考えるずっしりした内容もあって,それをしっかり受け止め考えられるお年頃に読んでもらいたい本だった。めでたく家庭教師につけた直後の指導内容?には笑ったけど。9歳男児は惹かれて読みたがりはするものの,結局読まないまま期限切れにつき,母(私)1人読み。2017/09/15

みつばちい

20
市場にいたネコがひょんなことから、ある国の姫の仮の住まいに迷い込んだネコが姫の家庭教師になり、一人前の姫に成長させていく。市場での口の悪い労働者の言葉遣いを教えてしまい、姫がそれを話してしまったり来賓の前でネコと姫がカーテンをよじ登ったり、、と前半は笑ってしまう場面が多々あった。が、後半国と国との争いについてのネコの考え方や姫のスピーチはなかなか深くて、とても良かった!エピローグの騎士の話は、子どもにはなんだか難しいし唐突な感じを与えそうに思うが、どうなんだろう? それはともかく、とてもよい作品でした!2018/06/17

mntmt

20
とても共感できた。2017/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11464622
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。