傑作絵本劇場<br> ももたろう

個数:

傑作絵本劇場
ももたろう

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月23日 21時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4変判/ページ数 46p/高さ 36X37cm
  • 商品コード 9784834082340
  • NDC分類 E
  • Cコード C8795

出版社内容情報

再話者と画家が、桃太郎の原型、あるべき姿を追求し作りあげた、「桃太郎絵本」の決定版。

再話者と画家が、桃太郎の原型、あるべき姿を追求し作りあげた、「桃太郎絵本」の決定版。

【著者紹介】
松居直 1926年、京都に生まれる。同志社大学卒業後、絵本の出版・編集に従事。1969年、1979年世界絵本原画展BIB国際審査委員。1981年にはスロヴァキア共和国文化省から「BIB特別功労賞」を贈られた。『だいくとおにろく』『こぶじいさま』『ぴかくんめをまわす』(以上、福音館書店)などの絵本をはじめ、『絵本とは何か』『絵本を見る眼』『絵本を読む』(以上、日本エディタースクール出版部)、『わたしの絵本論』(国土社)、また国語教科書『にほんご』(福音館書店)など著作・評論多数。東京都在住。

著者等紹介

松居直[マツイタダシ]
1926年京都に生まれた。同志社大学卒業後、出版・編集に従事する。1969、1979年世界絵本原画展BIB国際審査委員。1981年にはスロヴァキア共和国文化省から「BIB特別功労賞」を贈られた

赤羽末吉[アカバスエキチ]
1910年、東京に生まれる。1959年、日本童画会展で茂田井賞受賞。1962年、『日本の神話と伝説』で小学館児童出版文化賞佳作賞。また1965年には、この絵本『ももたろう』と『白いりゅう黒いりゅう』(岩波書店)で、それぞれサンケイ児童出版文化賞を受賞。1975年、『スーホの白い馬』(福音館書店)で、ブルックリン美術館絵本賞受賞。またそれまでの業績に対して、1980年度国際アンデルセン賞・画家賞を受賞した。1990年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おはなし会 芽ぶっく 

9
令和3年度 1年生 ブックトーク授業 国語の単元「としょかんへいこう」ということで、学校図書室で行いました。教科書に掲載されている日本と外国の昔話の紹介。夏休みまで自由に読んでもらい、夏休み中も貸し出しします。こちらは貸し出し無しで、読み聞かせしました。2021/06/22

なま

9
★★★★☆昔からある勧善懲悪テーマ本。大型本なので読み聞かせ用に。「陰陽五行説」と深い関わりがあるらしいので読むのがだいたい年始になる。干支は方角(方位)でも北から東周りに子・丑・寅・・と続くが、丑三つ時を指す方角鬼門に丑・寅がいるため丑の角と寅のパンツをはいた鬼。これに対して対極にあるのが裏鬼門。そこに申・酉・戌がおり、五行に対する果物が桃。そんな事も雑学で織り交ぜながら。10分。2018/01/08

ひろ

0
大きい分迫力があり、読み聞かせ向き。海が荒れているシーンなど、やはりこの絵が一番しっくりくる。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10179620

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。