かがくのとも絵本<br> きゃべつばたけのいちにち

かがくのとも絵本
きゃべつばたけのいちにち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5変判/ページ数 27p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784834029581
  • NDC分類 E
  • Cコード C8745

内容説明

キャベツ畑を舞台に繰り広げられる生きものたちの1日。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たーちゃん

31
キャベツ畑には生き物がいっぱい。あおむしにちょうちょ、そしてそれらを狙うカエルや蜂たち。命の始まりや終わりがそこにはあるのですね。息子は虫がいっぱい出て来て喜んでいました。2021/01/22

ぼんくら

21
読友さんの感想に魅かれて読みました。きゃべつばたけでは、壮大なドラマが繰り広げられいるのですね。もんしろちょうをはじめいろんな虫たちが描かれ、なかでもあしながばちの来襲場面はかっこいいです。甲斐さんの絵はほんとうにすてきです。2015/03/05

おはなし会 芽ぶっく 

14
記入漏れ。かがくのとも 1976年5月号でも読んでいました。2022/06/13

紅花

13
キャベツを中心に集う虫たち。青虫ぐらいしか想像できなかったけど、こんなに色んな虫が集まるなんて。畑がある我が家なので、子供たち「こら!食べるな!」と騒ぐ。命が躍動するキャベツ畑の一日は楽しかった。でも、虫が嫌いな人が読むのは過酷な絵が沢山なので要注意。2015/03/08

遠い日

13
ある日のキャベツ畑を克明に追う。そこには、まるでドラマのような生きものたちの凄絶な蠢きがある。補食関係の生きものたちの攻防。収穫を待つばかりのキャベツ畑の中、生を紡ぎ、死を超えて、命は必死の前進をする。夜には夜のムシたちが登場し、絶え間ない闘いが続く。キャベツ畑の密やかな営みは熱を帯びている。2015/02/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/385086
  • ご注意事項