食を考える

個数:

食を考える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月21日 16時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784834027402
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0036

内容説明

湯ぶね1杯分もの水を使って作られる天ぷらうどん。大量の石油を使い何千キロもの距離を運ばれるマグロ。工場の中で日光を浴びずにLED(発光ダイオード)で育てられる野菜。交配方法の進歩により20万頭をこえる牛の父親となった種牛。遠足にコンビニ弁当をそのまま持たされる子どもや、海を泳ぐ切り身の魚や四本足の鶏を描く子どもたち。現代人の“食”は、このままでいいのでしょうか?著者はそう問いかけます。“食”について一緒に考えてみませんか。

目次

食の環境負荷(熱帯の水事情;中食と外食;エビと日本人;ファーストフード;トウモロコシの奪い合い;マグロの寿司;日本は水を輸入している?;サンマ寿司;地中海の魚料理)
今どきの食(骨付きの魚;使い回し;お弁当;甘いものと塩からいもの;料理をしよう;食を楽しもう)
ハイテクと食(遺伝子組換えとは;遺伝子組換え食品;ポマト;野菜工場;IH;大震災からみえてきたこと;原発事故と食の安全)
生物多様性と食(なすびのいろいろ;ヒョウタンの奈良漬け;すき焼きのネギ;パスタの風土;麩;鹿ヶ谷カボチャ;クヌーデルとジャガイモ;和牛の世界;コシヒカリ一辺倒)

著者等紹介

佐藤洋一郎[サトウヨウイチロウ]
1952年和歌山県生まれ。専門は植物遺伝学。農学博士。京都大学農学部を卒業し、同大学院を修了後、高知大学農学部、国立遺伝学研究所研究員、静岡大学助教授を経て、2003年から総合地球環境学研究所教授。2008年から副所長を兼務。作物の起源や伝播の研究から、最近は農業と環境の開係史、食の未来などに関心を広げてきた

わでしんいち[ワデシンイチ]
1976年静岡県生まれ。絵描き(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。