日本傑作絵本シリーズ<br> おひさまいろのきもの

個数:

日本傑作絵本シリーズ
おひさまいろのきもの

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月30日 18時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4判/ページ数 35p/高さ 27X30cm
  • 商品コード 9784834022933
  • NDC分類 E
  • Cコード C8795

著者等紹介

広野多珂子[ヒロノタカコ]
1947年、愛知県に生まれる。スペインのシルクロ・デ・ベージャス・アルテスで美術を学ぶ。帰国後、児童書の世界に入る。絵本作品多数あり。また、さし絵の作品や児童書以外にも著書がある。千葉県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はる

52
あたたかな物語。目の見えない少女ふうは母親と二人暮らし。仲良しの友だちが秋祭りのための新しい着物を作ってもらうことを知り、自分も母親に頼むが……。娘のために無理をするお母さん。ちょっと心配になったが、優しい結末で良かった。広野多珂子さんの繊細な絵も魅力的。ラストのふうの笑顔に温かな気持ちになります。2023/11/26

ぶんこ

45
大判の絵本の中に、心のこもった素晴らしい絵が描かれていました。病気で目が見えなくなったふうちゃんが、友だちが親が織ってくれる着物を着て秋祭りに行くと知り、貧しいながらも働き者のお母さんに甘えてしまいます。お母さんが素晴らしいのです。毎晩藁草履を作ってはお金を貯めて、ふうちゃんの夢を叶えます。ふうちゃんも一人で織れるようになりました!赤く染めた布に、黄色の糸で刺繍したお花の着物。見えないからと手抜きをしないで、心を込めて刺繍したのでしょう。ふうちゃんの晴れやかな顔!大正から昭和にかけての農村の風景も素敵。2023/12/26

かおりんご

41
読み聞かせ(215)目が見えないふうちゃんと、女手1つでふうちゃんを育てるお母さんの話。目が見えないことが、絵からは伝わってこないし、子供たちの反応も今一つ。2014/11/21

鴨ミール

35
こちらで、読んだ方の感想を読んで読みたくなりました。大きいサイズなので読み聞かせに良さそう。声を出して読んでみると、とても読みやすい文章です。彼岸花が出てくるので、9月頃の読み聞かせで読みたいです。白い糸を染めるところがとても綺麗ですね。草木染につなげてもいいかも。まちのいちや秋祭りの様子は、ふうちゃんを探せ!みたいに探すのも楽しい。糸から着物を作る様子って今のお子さんたちには想像できないでしょうね、2024/01/11

たまきら

25
素敵な絵にひかれて。胸キュンのお話です。お祭りの見開きページがとても素敵でした。2019/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/386395
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。