福音館古典童話シリーズ<br> ニルスのふしぎな旅〈上〉

個数:

福音館古典童話シリーズ
ニルスのふしぎな旅〈上〉

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 515p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784834022735
  • NDC分類 K949
  • Cコード C8097

内容説明

妖精にいたずらをして小人にされたニルスは、ガチョウのモルテンやガンのアッカたちとスウェーデンの空を北に向かって旅をすることになります。旅の途中、仲間のガンの命を救ったり小さな動物たちを護ってあげたりするうちに、役立たずのただの悪童だったニルスが、小鳥や動物たちに好かれ、仲間から信頼される少年に成長していきます。今、新訳によって鮮やかに甦る「ふしぎな、すばらしい」冒険物語。1931年版の原書の緻密で美しい挿絵を160枚再現。小学校上級以上。

著者等紹介

ラーゲルレーヴ,セルマ[ラーゲルレーヴ,セルマ][Lagerl¨of,Selma]
1858年、スウェーデン中部ヴェルムランド地方のモールバッカに生まれる。1885年、首都ストックホルムにある師範学校卒業後、スウェーデン南部スコーネ地方のランドスクローナで教職に就く。1891年、『ヨスタ・ベーリング物語』で作家デビュー。1895年、教職を退き、作家活動に専念する。1909年、女性初かつスウェーデン人初のノーベル文学賞を受賞。名作を数多く残し、1940年、モールバッカの自宅で死去

菱木晃子[ヒシキアキラコ]
1960年、東京都に生まれる。慶應義塾大学卒業後、スウェーデンのウプサラでスウェーデン語を学ぶ。現在、スウェーデンを中心に児童書の翻訳に活躍。横浜市在住

リーベック,ベッティール[リーベック,ベッティール][Lybeck,Bertil]
スウェーデンの画家、イラストレーター。1887年生まれ。生涯の多くをフランスのパリで過ごす。人間や事物の本質を鋭くとらえ、的確に表現する作風に定評がある。挿絵の代表作に、ボッカチオ『デカメロン』(1918~1922)がある。1945年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

七色一味

47
読破。ニルスと言うと、ガチョウに跨って空を飛んでる姿を真っ先に思い出したけど、それ以外はすっぽりと話の内容が思い出せない(笑)ということで借りてみました。借りてびっくり、上巻下巻で、しかもどちらも500頁超えてる!それもそのはずで、スウェーデンの南端から、布を縫うような感じでバルト海を北上、フィンランド付近まで行って、そこから南下してくるという、スウェーデン周遊のような物語なんですもの。そもそもなんでニルスが小さくなってしまったのかとか、ガチョウのモルテンとの仲とか、なんで旅に出たのかとか(続く)2015/02/11

syota

34
昔、抄訳版で読んだので粗筋は知っていたけれど、完訳版で読むと印象が大分違う。単にスウェーデンの地理紹介を兼ねた冒険物語というだけではなく、人の幸せ、人の生き方を考えさせてくれる、奥行きのある物語だった。例えば、海底に沈み百年に一度姿を現す町のエピソード。沈んだ町と同じように栄えながら今は寂れた地上の町を見て、あの町は沈んだまま時が止まってよかったのでは、とニルスが子供らしく考え、それに対して作者が別の視点を提供する。大人でさえ考え込むような深みのある主題を、分かりやすく提示していて印象深い。2018/02/28

ベルるるる

28
空を飛んでいる鳥を見ていたら、突然「ニルスの不思議な旅」を思い出した。子供の時ホントに大好きだった物語。わくわくしてページをめくった思い出。図書館に駆け込んで借りてきた。なつかしくて、ただひたすらなつかしく読んだ。さあ下巻に進もう。2019/02/28

明那

21
全話入ってるのが読みたくて数年前購入。やっと読みました。切ない話やハッピーエンド色々あるのですが、やはりダントツ海底の町が好きです。ニルスがいい子になっていくのを読むのは楽しいです。地図もついてるので追いながら読んでます。2014/11/04

ハッピーハートの樹

12
Oh! Come on up ニルス、旅に出掛けよう。準備なんかいらない~♪/小さい頃に大好きだったアニメの原作。魔法で小人にされたニルスがガチョウのモルテン、雁のアッカたちと一緒に旅をする。懐かしい。ぼんやりと覚えてるエピソードも出てきたりしてさ。原作とアニメの違いはもちろんあります。なんか原作のほうが容赦ない感じ。例えばニルスが動物を殺してしまったり。児童文学だけど、これは何を感じて欲しいんだろうとモヤモヤしちゃいます。でも読めて良かったです。下巻も読むよ。さあ、ニルスは元の姿に戻れるのでしょうか!?2014/03/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/504099

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。