福音館文庫<br> 北の森の十二か月―スラトコフの自然誌〈上〉

個数:

福音館文庫
北の森の十二か月―スラトコフの自然誌〈上〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月24日 15時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 309p/高さ 17cm
  • 商品コード 9784834020793
  • NDC分類 K983
  • Cコード C8297

内容説明

みどりの森の国には、すばらしい動物がすんでいる。そして森ではふしぎなことがおこる…。ロシアの森での長年の観察をもとに、ナチュラリストのたしかな眠で詩情豊かに描かれた物語があなたを森へさそいます。また作者スラトコフは人間と自然とのつきあい方やエコロジーの問題も読む我々に問いかけてきます。小学校中級以上。

著者等紹介

スラトコフ,ニコライ[スラトコフ,ニコライ][Sladkov,Nikolai]
1920年にモスクワで生まれた。ビアンキの指導で1952年から作品を発表。自然をつぶさに観察する独自の動物文学の伝統を作り上げ、自然と人間との関係を問う作品を発表してきた。1996年没

チャルーシン,ニキータ[チャルーシン,ニキータ][Charushin,Nikita]
1934年、レニングラード(現サンクトペテルブルク)で動物画家のエヴゲーニイ・チャルーシンを父として生まれ、幼いころから絵を描きはじめた。動物や自然をテーマにして活躍した。2000年没

福井研介[フクイケンスケ]
1908年に岡山県で生まれた。1940年に東京外国語学校専修科露語科修了の後、1946年3月まで外務省に勤務。それ以降ロシア児童文学の紹介を始めた。2000年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。