小松義夫 地球人記

個数:

小松義夫 地球人記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月21日 14時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 333p/高さ 32cm
  • 商品コード 9784834017717
  • NDC分類 K383
  • Cコード C8039

出版社内容情報

"衣食住はもとより、ゆりかごから墓場まで、地球に暮らす人々の営みを、106テーマ2,150枚の写真で紹介する、地球ぐるぐる探訪記。地球人の多様な暮らしぶりが実感できます。"

<読んであげるなら>---
<自分で読むなら>小学高学年から

内容説明

あなたも地球人。でも、あなたは隣の地球人のことを、ほとんど知らない!?地球の暮らしはおもしろい。みんなちがってみんないい。衣食住はもとより、乗り物・学校・市場・トイレ…ゆりかごから墓場までさまざまな人々の営みを、106テーマ・2150点の写真で紹介する空前絶後の本。

目次

働く・動く
学ぶ・遊ぶ
着る・飾る
住む・くつろぐ
食べる・飲む
町・村の風景
人間

著者等紹介

小松義夫[コマツヨシオ]
1945年生まれ。東京綜合写真専門学校に学ぶ。スタジオに一年、カメラマンとして勤務後、南米、東欧を皮切りに、世界各国で人の暮らしを中心に取材をつづけている。1981年にはカラコルム・ヒマラヤにある、世界第二位の高峰K2の登山隊にカメラマンとして同行し、テレビ・ドキュメンタリー「K2西壁苦闘の60日」の番組作りに参加。カレンダー「世界のおもしろ住宅」(松下電工)の制作は十数年つづいていて、一年の半分以上を取材で海外に出ている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆみきーにゃ

72
分厚くてビックリ!!色んな土地の生活を写真を通して見せてくれる。すごく面白かったので最近の写真でまた出してほしい。2022/04/13

joyjoy

8
小学校図書館。生活記もよかったけれど、こちらも面白かった。みんなちがって、それでいて、みんなおなじ、と感じられる本。時代が変わり、今ではもう見られないものも多いと思うと、さみしい気もするが、変化も人間のたくましさか。印象深い写真はいくつもあるが、「おんぶにだっこ」のページで、はたらく母にしがみつく赤ちゃん、よかった!母も子も力強く、穏やかに見える。2022/07/19

のん@絵本童話専門

3
2001年出版、世界中の暮らしを切り取った写真集で、その膨大な量と生命力に圧倒されます。働く・動く、学ぶ・遊ぶ、着る・飾る、住む・くつろぐ、食べる・飲む、町・村の風景、人間の7章に分けられています。2023/10/12

ジュースの素

3
美しくリアルな写真の集大成。人が生活するあらゆるシーンを隈なく撮影している。国によってこんなに違うのかと驚く事が非常に多い。 でも、人間の暮らしの根っこは共通するんだなぁと思いを馳せる。 大きく重い本で見応えあり。折々にページを繰って眺めたい本。2014/11/15

moe

3
作者の行動範囲の広さに感服。その土地の人には当たり前でも、外から見れば珍しく思える風景が並んでいます。子ども達の表情がいきいきしてすばらしいです。2010/11/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17417
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。