昔話の語法

個数:

昔話の語法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 05時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 391p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784834013870
  • NDC分類 388
  • Cコード C0095

出版社内容情報

昔話は口で語り、耳で聞かれてきたために、口伝え独特の「語法」があります。語法を論ずることで、昔話が長い年月生き続けてきたその秘密に迫ります。CDの昔話音響資料付き。

<読んであげるなら>---
<自分で読むなら>---

内容説明

なぜ昔話はこれほど愛されつづけてきたのだろうか。その秘密をときあかす待望の理論書。遠野の昔話『お月お星』ほか、音響資料CD付き。

目次

昔話はどこにあるか
語法の分析(日本の昔話;グリム童話とシベリアの昔話)
昔話の様式研究の歴史
マックス・リュティの様式理論
昔話の音楽的性質
昔話の語法研究―いま昔話を伝えるために

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おはなし会 芽ぶっく 

7
【昔ばなし大学】で学んでいました。3月末で基礎コース修了。こちらは小澤先生自ら第4章を主に解説していただき、学ばせていただきました。受講中小澤征爾さんの訃報がありました。お悔やみ申し上げます。2024/04/05

april-cat

6
構造分析世代なので(笑)、構造論、とても懐かしかった。さっくりまとめてあるのも助かる。児童文学を勉強する人が意外と構造分析や言語学の簡単な知識もないことが多いので、イラッとすることがあるのですが、小澤さんはさすがです。相当綿密な分析をされているので、もっと読み込みたい。第五章の「昔話の音楽的性質」については未読。2013/06/12

april-cat

4
CDをついに聞く。鈴木サツさんの語り、最初、まったく何を言っているのかわからなかった(笑)わからないのも悔しいので何度か聞いているとわかってくる部分もあれば、やっぱりわからない部分もある。言葉を読みながらだと、かなりわかるのは不思議なくらい。まなぐめねくなってすまったたど、って言われてもわからないけど、「眼(まなぐ)見(め)ねくなってすまったたど」と漢字が入るとわかる(笑)オザケンの「痛快ウキウキ通り」が入っていないのは残念(^^;2013/06/25

つくよ

3
昔話は土地で語り継がれてきた話で、その起源は外国のものもあったかもしれないと書いてあり、とても驚いた。語り継がれるうちに、その土地の習慣や考えも加わり、内容が少し変わる事もあり得る。細かい事を言えば、語った人が違えばその人の感性で、端折る事も付け加える事もあり得る。昔話は、そんなに生々しく生き続けてきたのだ。おもしろすぎる!今は語る人がいなくなり、わたしたちが昔話に出逢うチャンスは絵本くらいしかない。感情も場所も時代も詳しく書かれていない昔話はやはり、人の声で聴いた方が、世界が無限のような気がする。2015/08/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/342478
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。