もりのえほん - 安野光雅の絵本 (新版)

個数:

もりのえほん - 安野光雅の絵本 (新版)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年05月27日 05時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 31p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784834007992
  • NDC分類 E
  • Cコード C8795

出版社内容情報

木々の間に、繁った葉の中に、草むらに??この絵本の森の中には、ゾウやリスなど130余りの動物がかくされています。広く海外でも出版され評判の高い、見事なかくし絵の絵本です。

<読んであげるなら>4才から
<自分で読むなら>小学低学年から

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シナモン

154
図書館本。どこまでも森の景色が続く絵本。文字はありません。その代わり、どのページにも結構な数の生き物が隠れています。これがなかなか難しい…。近づけて、離して、ひっくり返して。あまり真剣にやると疲れるので、そんな時は森の香りや木々の葉の揺らぎを楽しみながら。一呼吸置くとまた見つかるかもしれません。あ~でも九州地図が分からない…。2020/03/13

KAZOO

139
安野さんの初期のころの絵本だと思います。緑と黒の少ない色できめ細かな絵を描かれています。楽しいのはこれらの絵の中にさまざまな動物たちが隠れていて昔から安野さんはこのようなことを好きだったというのがよくわかります。「旅の絵本」シリーズでも様々な物語の一場面をうまく入れておられるのを思い出しました。2020/12/28

Hideto-S@仮想書店 月舟書房

127
美しい森が画面いっぱいに広がっています。緑の濃淡で静かな世界が描かれます。誰もいない……いないよね……あれれっ? さすが安野光雅さん。目を凝らすといるいる、いろんな動物が絵の中に隠れています。一つの絵に2匹か3匹を見つけて、巻末の種明かしで確認してびっくり。想像以上にたくさんの生き物が潜んでいました。1977年10月『こどものとも』発行。絵本は1981年2月初版。2016/04/10

117
旅の絵本シリーズから安野光雅さんの作品のファンになってしまいました。もりの絵本も、言葉なしでひたっすら森。普段はこんなに緑に囲まれた場所になんか全く行く機会もないので絵だけど癒されたしこんな自然のあるところは守っていかねばならないと感じました。ただ木が生い茂っているだけなのに安心したり、影を作って暗くなっていると恐かったり、森は色々な表情があると思います。2017/05/04

鱒子

82
図書館本 森の景色が延々と繰り広げられる絵本。しかしその中には動物たちが隠れているのです。本を逆さにしたりして一生懸命探しましたが、なかなか難しい。奥付の下に答えが載っていますが、それを見ても分からないところがありました。実に楽しく素敵な絵本。さすが安野光雅さん。2020/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/528988
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。