おへそがえる・ごん〈2〉おにのさんぞくやっつけろの巻

個数:

おへそがえる・ごん〈2〉おにのさんぞくやっつけろの巻

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 159p/高さ 16X22cm
  • 商品コード 9784834000788
  • NDC分類 E
  • Cコード C8093

内容説明

おへそがえる・ごんは仲間の少年たちと、おにの山賊を退治にのりだします。おにの山賊のかしらはおそろしく強く…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chiaki

45
シリーズ3夜連続読み聞かせの2日目。かえるのごんと人間けん、黒へびのごん一行は、村の女、子どもをさらい、米やお金を奪う鬼と山賊たちを退治するためその住処へとやって来ます。ごんが風船がえるにされ空へと放り出されるピンチも、その姿がなんだか可愛くて妙♡そして、呼べば必ず助けに来てくれる化け名人のぽんたとこんた。2人の力添えもありつつ、山賊たちに挑みます。鬼の画は迫力に満ちて圧巻!とても痛快!!2021/04/14

たまきら

21
鬼や山賊に女性と子供がさらわれることをしった三人衆、早速助けに向かいます。ところが鬼の強いこと!緊迫しているのにとぼけた絵で、笑いがとまりません。かんじんなところでつまるごんのおへそにオタマさん大うけでした。2020/07/31

anne@灯れ松明の火

18
読友さんオススメ。隣市書庫。表紙の耳かきみたいなの、何だと思う? おへその掃除機だって(笑) そのあとは、おへそにごみがつまらないように、……でふただって(笑) こんな小ネタも効かせながら、ごんの旅は続く。山賊に苦しめられる村人を助けようと、ごん、けん(人間)、どん(蛇)トリオ、大活躍。ごんは途中オオボケもあるけれどね(笑)2014/06/23

いっちゃん

16
赤羽さんの絵がいっぱい。なんかお得な感じ。人とカエルとヘビ。なんか、バラバラやけど、やっつけちゃったね。2016/05/23

遠い日

14
おへそがえる・ごんのシリーズ。2から読んでしまったけれど、これはおもしろい!おへそのあるカエルのごん。手のあるヘビのどんと少年けん。奇妙な取り合わせはまた別の巻で、その関係がわかるようだ。赤羽さんの絵は例えば「鳥獣戯画」を思わせるような巻物のような味わい。案外展開は早く、ページを繰る手が止まらない。鬼の山賊をやっつけ、村人を助けようとするごんたちだが、喜劇のような一幕もあり、なんだか楽しい。山賊たちとの戦いも、案外のんびりした印象。シリーズ、読んでみよう!2016/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/495213
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。