世界傑作絵本シリーズ<br> もりのなか

個数:

世界傑作絵本シリーズ
もりのなか

  • ウェブストアに44冊在庫がございます。(2021年12月06日 07時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6変判/ページ数 1冊/高さ 19X27cm
  • 商品コード 9784834000160
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

出版社内容情報

おもちゃのラッパをもったぼくは、森で動物たちといっしょにあそびます…。幼児の心の世界を黒いコンテで鮮やかに描いた絵本の傑作。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

157
モノクロの絵ですが、何かほのぼのとした感じを与えてくれます。様々な動物がラッパを吹きならす子供の後をついて行列していく様は、小さな子供が読むと楽しくなるのでしょうね。動物がみなやさしそうな顔をしています。やさしい気持ちにさせてくれます。2016/01/31

らったった

133
その話の流れから最初、桃太郎を思い浮かべました(^^)(鬼は勿論、退治しませんが(^_^;))どんどん仲間が加わって絶えないパレードが始まって。絵のタッチやとても楽しそうに散歩する少年や動物。この物語は読んで聴かせてあげたいですね(*^^*)2013/11/11

♪みどりpiyopiyo♪

129
同じ作者の「わたしとあそんで」が好きなので、人気のあるこちらも読んでみました♪ ■紙の帽子をかぶり、新しいラッパを持って森へ散歩に出かけた ぼく。ラッパの音を聞いて、森でくつろいでいた動物たちは…。子どもの内面の世界。日常と異界。夢と現。空想の扉。■最後に出てくるお父さんがいいなー。ちいさい人の話を曲げる事なくそのまま受け入れる、こういう大人でありたいです。■静かに穏やかに幸せなひとときでした( ' ᵕ ' )2016/07/03

gtn

95
終戦の前年、1944年アメリカ初版。動物たちを従える少年。気持ちで既に勝っている。2020/07/29

HIRO1970

95
子供の頃に読みました。2005/01/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/475012

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。