福音館創作童話シリーズ<br> いやいやえん

個数:
  • ポイントキャンペーン

福音館創作童話シリーズ
いやいやえん

  • 提携先に35冊在庫がございます。(2022年08月11日 14時49分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 177p
  • 商品コード 9784834000108
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

出版社内容情報

元気な保育園児しげるが主人公の楽しいお話。1962年に出版されて以来、多くの子どもたちをこれほど夢中にさせた童話は少ないでしょう。日本の幼年童話に新時代を開いた作品です。

<読んであげるなら>4才から
<自分で読むなら>小学低学年から

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

200
「ちゅーりっぷほいくえん、くじらとり、ちこちゃん、やまのこぐまちゃん、おおかみ、山のぼり、いやいやえん」の7話。 くじらと仲良くできたのはよかった。こぐまのこぐちゃんと一緒に遊べたのはよかった。たいへんな話もあったけど、なんとか無事に最後まで来た。子どもに考えたり、感じたりするきっかけを作ろうとしている。2011/10/14

らったった

134
少し長い絵本の短編集のようなものです(^^)170頁位あります。驚いたのが初版1962年!!その年は確かビートルズがデビューした年です。世代を越えて読み継がれています。このように昔の本を2016年の今を生きる人たちが読んでいると思うと、何だか嬉しい気持ちになります(*^^*)2016/09/07

ぶち

110
現実と空想が入り混じった魅力的な作品世界です。 でも、載っているお話は全て実話らしいです。だからこそ、空想と現実を行き来する幼い子供たちの世界観は作りものではなく本物なのです。 主人公が冒険に出ると、賢くなったり、いい子になったりして帰ってくるというのが、普通の物語ですが、ここに載ったお話では、主人公は少しもお利口になりません。ワガママなままです。そこが凄いんです。現実の世界ではどんな冒険をしても、みんなそのまんまなんですから....教訓めいたお話や教育的なお話は、本をつまらなくしてしまいます。2019/08/26

miyumiyu

107
小学生の頃大好きで、どこ行くにも一緒だった本。読みたいと言う小2の次女に買ってあげ、何十年ぶりかの再読。中川李枝子さんのお話は、本当にワクワクする。子供への愛に溢れている。しげるの悪戯や、子供同士のやりとりがリアルで、次女も読みながら笑っていた。くまのこぐちゃんも、おおかみも、小鬼もかわいくて愛しい。何十年たっても、やっぱり大好きな本。2016/04/16

yanae

96
自分が子供の頃読んだけど、すっかり忘れていて子供に読み聞かせ。ちゅーりっぷ保育園に通うわんぱくしげるのちょっと不思議な日常を描いた作品。思いの外ファンタジーというか、例えばしゃべるこぐまが保育園に通ってみたり、つみきでつくったふねで鯨を見に行ったり。不思議なお話。年長の息子はまだ不思議な世界観を理解できてなくて、しげるがするいたづらとか、昔ながらの表記(ブラシがブラッシ)とかに大爆笑。感想までは聞けなかったけど、不思議と一日一話、最後まで聞いてくれました。もう少し大きくなったらどう思ったのか聞いてみたい。2017/11/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/563854

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。