決定版!「ベンチャー起業」実戦教本

電子版価格 ¥1,571
  • 電書あり

決定版!「ベンチャー起業」実戦教本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 388p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784833418393
  • NDC分類 335
  • Cコード C0034

内容説明

「起業・新事業成功」の戦略、手法のすべてがわかる画期的実戦書!大前研一、竹内弘高、高橋俊介、小川政信…最強の講師陣が、事業創造の基礎知識、立ち上げ、育成、成長の各ステージについて、成功ノウハウと必須スキルを伝授する。

目次

21世紀は起業するには最高の時代だ!
第1部 アイデア・ビジネスモデル・事業計画作成(事業の発想法―仮説思考を活かせ;事業アイデアの見極め方と“深堀り”の仕方;スタートアップ戦略と事業計画作成の基本スキル)
第2部 トップ起業家になるための必須スキル(成功事例に学ぶ21世紀に求められる企業理念;事業プランニングとビジョン実現の鍵;組織運営と人材マネジメントの重要ポイント)
第3部 事業成功へのファイナンス戦略(必須要件「計数マネジメントスキル」を身につける;失敗しないための資本政策・資金調達の基礎知識)

著者等紹介

大前研一[オオマエケンイチ]
1943年、福岡県生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学で修士号、マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得。72年マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を務め、94年退社。現在、(株)大前・アンド・アソシエーツ、(株)ビジネス・ブレークスルー等の代表取締役、アタッカーズ・ビジネススクール塾長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院教授、ボンド大学評議員兼客員教授等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

非日常口

28
前半プランニングというより自己啓発的な印象はあるが、目次にある通り、ビジネスモデル・事業計画を組み、人材を集め、マネジメントし、数字から会社の状況を把握する流れは少し見えると思う。ただ、大前氏が産業の突然死と冒頭で出し、本書中盤で成功事例が載っているのには違和感を感じた。最近ではクラウドファンディングが登場し、資本調達の様相も変わってきた。起業を考えているなら、自分に欠けている部分を特化して解説している本に取りかかる方が良いかもしれない。私は管理会計に着手しようと思った。2015/08/12

miyatatsu

3
やはり少々古い印象を受けました。やはり経営学も最新のものを使って勉強することが大事なことを知りました。2018/03/31

Risa Shimowada

3
数名の著者の共著だが、どれも熱くて面白い。特に最後の資本政策・資金調達については、いままで触れたことの無い内容で興味深かった。スタートアップ時の株式割合とか株式分割、VCとの関わりなど具体的で役立つ。今まで理解していなかった持ち株についての理解が進んだ。BBTの講座にも入れてほしい。2014/03/03

flat

2
経営者は人を切れと言うのは案外にそうなのかも、実際の痛みを自分で知らないと先も他人事になってしまう。資金についての記述はフムフムと思い当たる部分も多くありながら読んだ。特にベンチャーキャピタルの部分は納得。当たり前の事だけど彼等は収益を得る為に投資しているのであり、決して無条件での味方では無いという事が紹介されていたのはとても親切だと思った。2015/06/29

ヒロキチ

1
起業の流れはわかりました。あとは演習をして、実践あるのみ。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4444

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。