あきらめない―全盲の英語教師・与座健作の挑戦

個数:

あきらめない―全盲の英語教師・与座健作の挑戦

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月26日 11時54分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784833131384
  • NDC分類 916
  • Cコード C0036

内容説明

少年のとき視力を失いながら、「見えなくてもできること」を積み重ね、念願の教師に!困難と向き合いながら、迷いつつ、悩みつつ前進。それを乗り越えるべく差しのべられた、たくさんの支援の手…。すがすがしい感動を呼ぶ人間ドキュメント。

目次

1 失明(プロローグ―小学校にて;誕生;失明の告知 ほか)
2 遠い道(筑波大学附属盲学校;「趣味は迷子」;親として ほか)
3 メッセージ(新たな挑戦;勉学とサークル;卒業へ ほか)

著者等紹介

山城紀子[ヤマシロノリコ]
沖縄県那覇市生まれ。1974年、沖縄タイムス入社。学芸部・社会部記者、学芸部長などを経て、現在編集委員・論説委員。担当した主な連載記事は、「社会の谷間に―赤ちゃん置き去りの背景」、「医療過誤訴訟の周辺」、「共生社会を拓く」、「今なお癒えず―証言する元『慰安婦』たち」など。1988年に連載「共生社会を拓く」で新聞労連大賞優秀賞、同年著書『心病んでも』で平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞。2002年に連載「医の今」でファルマシア医学記事賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。