数学的真理の迷宮―懐疑主義との格闘

個数:

数学的真理の迷宮―懐疑主義との格闘

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月19日 11時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 265p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784832982383
  • NDC分類 410.1
  • Cコード C3041

内容説明

数学的知識はどのように成り立っているのか。数学的真理と自然科学的真理を分かつものは何か。数学に革命はあるのか。『不思議の国のアリス』の数学観から始まり、古代ギリシャから現代への懐疑主義思想との格闘をたどって、これらの根源的問いに答えんとする。

目次

数学史のなかのルイス・キャロル
第1部 真理という迷宮―数学と懐疑主義(ルイス・キャロルの無垢の幸福―数学的真理の絶対性という神話;ヴォワイヤン・パスカルの洞見―人間的知識の栄光と悲惨;「何も知られないこと」―懐疑主義者の数学的理性批判;「われ惟う、ゆえにわれあり」―デカルトの懐疑主義者への回答;「可能世界」というものの考え方―数学的真理のライプニッツ的救済;中間考察 基礎づけのない多様な数学的知識―ウィトゲンシュタインにとっての数学的真理)
第2部 古代ギリシャにおける理論数学の成立と数学革命論(エウクレイデース公理論数学と懐疑主義―サボー説の改訂;数学における革命とはどういうものか?―トーマス・S.クーンの科学哲学の光のもとでみた数学的真理)

著者等紹介

佐々木力[ササキチカラ]
1947年、宮城県生。東北大学理学部および同大学院で数学を学んだあと、プリンストン大学大学院でトーマス・S.クーン、マイケル・S.マホーニィらに科学史・科学哲学を学び、Ph.D.(歴史学)。1980年から東京大学教養学部講師、助教授を経て、1991年から2010年まで教授。定年退職後、2012年から北京の中国科学院大学人文学院教授。2016年から中部大学中部高等学術研究所特任教授。2020年に神奈川県和算研究会会長。東アジアを代表する科学史家・科学哲学者、数学史家。日本陳独秀研究会会長、環境社会主義研究会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。