北海道大学大学院文学研究院研究叢書<br> からまりあい重なりあう歴史―植民地朝鮮の文化の力学

個数:

北海道大学大学院文学研究院研究叢書
からまりあい重なりあう歴史―植民地朝鮮の文化の力学

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月09日 15時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 348p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784832968776
  • NDC分類 221.06
  • Cコード C3021

内容説明

柳宗悦の朝鮮のための「愛の仕事」、移植された桜、文化的欲望をかき立てる博覧会…、そこに引き起された闘争・贈与・受容・敗北・創造。複雑に織りなされた植民地の文化の力学について、本書はその織り目に、今日に至る朝鮮の人々の屈折した思いと心理を浮かび上がらせ、「民族の物語」からの転回を見透す。

目次

序章 民族主義を超えて
第1章 「白衣」の意味をめぐる闘争
第2章 光化門・ヘテをめぐる物語と柳宗悦
第3章 「朝鮮の美」をめぐる日本人の文化実践―柳宗悦、浅川伯教
第4章 “植民地の国花”と“帝国の国花”(1)―無窮花と桜、二つの国花の異なる運命
第5章 “植民地の国花”と“帝国の国花”(2)―朝鮮人の文化的欲望と伏流する民族主義
第6章 「植民地の博覧会」と朝鮮の言論―朝鮮副業品共進会・朝鮮博覧会
第7章 「ヨボ」という蔑称と「内鮮融和」
終章 「からまりあい重なりあう」経験・歴史

著者等紹介

権錫永[クォンソギョン]
1964年、韓国生まれ。北海道大学文学研究科博士課程修了(文学博士)。北海道大学大学院文学研究院教授。専攻は、韓国文化史・日本近代思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。