楡文叢書<br> 万葉集羈旅歌論

個数:

楡文叢書
万葉集羈旅歌論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月19日 11時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 334p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784832968721
  • NDC分類 911.125
  • Cコード C3095

目次

研究史をたどって―旅の歌の誕生と発想様式
第1部 旅の歌における「家」と「妹」(旅の歌における共感関係の淵源―“留守歌”考;「家」の表現性の再検討―「家もあらなくに」と遍在する「家」;山上憶良「日本挽歌」の「家」「国内」について;相聞から望郷へ―巻四・五〇九・五一〇番歌考)
第2部 羈旅歌論(羈旅歌とは何か―大伴卿〓従等の「悲傷羈旅」歌考;“羈旅”主題化の始発―柿本人麻呂「羈旅歌八首」考;高市黒人歌の方法(1)―「棚無小舟」の象徴性
高市黒人歌の方法(2)―黒人「羈旅歌八首」の同時代性と独自性
部類歌巻における“羈旅”像―巻七「羈旅作」考)
旅の歌における「家の妹」と羈旅歌の意義

著者等紹介

関谷由一[セキヤユイチ]
1984年東京都生まれ。2016年北海道大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。2021年3月現在、旭川工業高等専門学校非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。