北海道大学大学院文学研究科研究叢書<br> 戦国秦漢出土術数文献の基礎的研究

個数:
  • ポイントキャンペーン

北海道大学大学院文学研究科研究叢書
戦国秦漢出土術数文献の基礎的研究

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年07月16日 23時04分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 292,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784832968028
  • NDC分類 148.022
  • Cコード C3022

内容説明

20世紀以降、戦国秦漢時代の墓地や遺跡からの文学資料の出土が続いている。この中には大量の術数(占術)文献も含まれる。本書は、これまでに出土の術数文献のほぼ全て(67種)の解題を掲載。最新の資料、最新の学術成果に基づいて、従来の伝世文献・思想文献のみに依拠した研究とは大きく異なる、中国古代思惟の実態を浮き彫りにする。

目次

新出土資料と中国古代術数研究
第1部 解題篇(天文;五行;蓍亀;雑占;形法)
第2部 論文篇(睡虎地秦簡『日書』における神霊と時の禁忌;中国古代の神〓(さつ)―戦国秦漢出土術数文献に見るもうひとつの天道観
『日書』における禹歩と五画地の出行儀式
玉女反閉局法について)

著者等紹介

大野裕司[オオノユウジ]
1978年生まれ。2010年北海道大学大学院(文学研究科・歴史地域文化学専攻・中国文化論講座)博士後期課程修了。博士(文学)。中国・清華大学(2007~09年)、北京外国語大学(2010~11年)に留学。日本学術振興会海外特別研究員として国立台湾大学中国文学系客座研究員(2011~13年)を経て、北海道大学大学院文学研究科専門研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

戦国秦漢時代の墓地から出土した術数文献、特に『日書』を中心に、その構造的・思想的特徴、および伝承、歴史的変遷を考察。