北海道大学大学院法学研究科研究選書<br> ことばと暴力―政治的なものとは何か

個数:

北海道大学大学院法学研究科研究選書
ことばと暴力―政治的なものとは何か

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月19日 10時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 641p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784832967380
  • NDC分類 310.4
  • Cコード C3031

出版社内容情報

暴力とは何か、紛争、価値、ユートピアとは……。基本概念を丹念に検討し、政治の本質に迫る。9・11を詳細に分析した部を付す。暴力とは何か、紛争とは、価値とは、ユートピアとは……。

基本概念を丹念に検討し、人がなぜ政治を必要とするのか、その本質に迫る。細分化する現代政治学の潮流に対して包括的な視野を提示する、待望の一書。

テロリズムの事例として9・11を詳細に分析した部を付す。

凡  例



第?部 人間文化の問題性



 第1章 暴  力

 第2章 ことば

 第3章 価  値

 第4章 共  存――政治入門



第?部 ことばと暴力の臨界域



 第5章 強制権力

 第6章 紛  争

 第7章 国家の暴力

 第8章 テロリズム――歴史的考察



第?部 暴力の劇場



 第9章 9・11事件

 第10章 ツインタワーの表象

 第11章 攻撃手法――シェイク・モハメドの航空機攻撃

 第12章 標的の選択



第?部 統治の言語的構成



 第13章 制  度

 第14章 儀  礼

 第15章 主  権

 第16章 ユートピア



あとがき

索  引



中村 研一[ナカムラ ケンイチ]
中村 研一
1948年 神奈川県藤沢市生まれ
1972年 東京大学理学部物理学科卒業,74年 同法学部卒業
1974年 東京大学法学部助手
1977?2012年 北海道大学法学部助教授,同教授
1978?80年,90?92年 英国オクスフォード大学セントアントニーズ・カ
 レジ上級研究員
1999?2000年 英国ケンブリッジ大学クレアホール客員フェロー
2003?05年 北海道大学副学長・理事・留学生センター長
現 在 北海道大学名誉教授,同公共政策大学院特任教授

主 著
・『地球的問題の政治学』岩波書店,2010年
・『新中学校公民』(中村研一・岡崎哲二ら10名による共著)清水書院,
  2000年?現在
・『現代政治経済』(中村研一・吉川洋ら計12名による共著)清水書院,
  1984年?現在
・「連合の安定と変動」篠原一編『連合政治?』岩波書店,1984年
・佐々木隆生・中村研…

目次

第1部 人間文化の問題性(暴力;ことば;価値;共存―政治入門)
第2部 ことばと暴力の臨界域(強制権力;紛争;国家の暴力;テロリズム―歴史的考察)
第3部 暴力の劇場(9・11事件;ツインタワーの表象;攻撃手法―シェイク・モハメドの航空機攻撃;標的の選択)
第4部 統治の言語的構成(制度;儀礼;主権;ユートピア)

著者等紹介

中村研一[ナカムラケンイチ]
1948年神奈川県藤沢市生まれ。1972年東京大学理学部物理学科卒業、74年同法学部卒業。1974年東京大学法学部助手。1977~2012年北海道大学法学部助教授、同教授。1978~80年、90~92年英国オクスフォード大学セントアントニーズ・カレジ上級研究員。1999~2000年英国ケンブリッジ大学クレアホール客員フェロー。2003~05年北海道大学副学長・理事・留学生センター長。現在、北海道大学名誉教授、同公共政策大学院特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

犬養三千代

3
読みごたえのある一冊でした。特に第三部の暴力の劇場は9・11事件を扱っており 上質なサスペンスを読んでいるようです。2017/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11676061

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。