脱原子力の運動と政治―日本のエネルギー政策の転換は可能か

個数:

脱原子力の運動と政治―日本のエネルギー政策の転換は可能か

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月20日 05時40分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 328p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784832965010
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C3031

目次

序章 エネルギー政策の転換は可能か
第1章 原子力をめぐる政治過程の分析枠組み
第2章 支配的連合と利害調整様式の確立(1954‐67)
第3章 批判勢力と受益勢力の形成(1954‐74)
第4章 与野党伯仲下の反原発運動の確立(1974‐78)
第5章 保守回帰の下での紛争の激化と儀式化(1979‐85)
第6章 反原発「ニュー・ウェーブ」の時代(1986‐91)
第7章 対立軸の再編(1992‐2004)
第8章 政治過程の力学

著者等紹介

本田宏[ホンダヒロシ]
1968年北海道小樽市生まれ。1992年北海道大学法学部卒業。1995‐1997年オランダ・アムステルダム大学で学ぶ(社会科学修士)。1999年北海道大学大学院法学研究科・博士後期課程を単位取得退学。北海学園大学法学部政治学科・助教授(政治過程論)、博士(法学)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yori

2
★★★★☆ まさにタイトル通りの内容。博士論文に加筆したものであり、内容も物凄く詳しい。素人には詳し過ぎるかな^^; 興味深かったのが、脱原発の市民運動の構成員に主婦が多かったという事。彼女たちは子供を育てながら肌で原発に疑問を持ったのだろう。男性は原発は仕方がない、とか日本の技術力を信じる傾向に。2011/06/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1847331
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。