日本佛教学会叢書<br> 仏教と日本〈2〉

個数:

日本佛教学会叢書
仏教と日本〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月17日 09時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 420p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784831877307
  • NDC分類 182.1
  • Cコード C3315

内容説明

日本における仏教は、神祇信仰や中国思想、キリスト教など様々な文化・思想との交流の中で、「日本」的な特性を醸成してきた。その形成の過程と特性を追求した、日本を代表する仏教研究者たちにおける最新の研究論考。

目次

論文(正像末史観の受容と太子信仰の深化;井上円了における科学の世界と仏教の世界;『釋淨土群疑論』の日本における受容の形体;日本仏教と「顕道無異」の思想;親鸞における漢文訓読の特性―現生正定聚思想の成立を中心として;善導教学と證空;中世医書と仏教信仰―梶原性全著『頓医抄』における鬼・鬼神を手がかりとして;真盛上人の伊勢信仰について―天照大御神男体観を中心に)
セッションコメント
発表要旨(日本禅の多文化性―夢窓疎石を中心に)
論文(釈迦金棺出現図の主題をめぐる一考察;海洋交易路における密教の流伝;『観音経』の日本的展開;インド・イスラームと仏教―近代化を模索した人々;「五姓各別」説とインド瑜伽行派―種姓のない者の源流と展開を中心として;実在の浄土と観念の浄土―キリシタン教理書に投影された近世仏教の救済論;大谷光瑞と「喇嘛教」―近代日本仏教と異文化;仏教は日本で何に出会ったのか―仏教伝来の再検討)