近世民衆宗教と旅

個数:

近世民衆宗教と旅

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 318p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784831862198
  • NDC分類 162.1
  • Cコード C3021

内容説明

近世の都市は宗教を成熟させる力をもっていた。旅する宗教者や旅をとおして信仰を深めた民衆のエネルギーを鋭く論じた意欲的論集。

目次

旅からみる近世宗教
近世における畿内からの富士参詣とその信仰―大和国を中心に
富士参りの歌―伊勢志摩からの富士参詣
江戸庶民の身延山巡拝―法華信仰の形態を探る
一八世紀における地域の「成り立ち」と名所―下坂本村と唐崎社について
化政期における社会的交通の展開と民衆宗教の成立―如来教の事例に即して
旅する信仰―明治期四国地方の金光教を事例に
関東における大神楽事情―伊勢・江戸・水戸、三つの大神楽の関係

著者等紹介

幡鎌一弘[ハタカマカズヒロ]
1961年生まれ。東京大学文学部卒業、神戸大学大学院文学研究科修士課程修了、天理大学おやさと研究所研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。