連続講義 “食べる”ということ―「食」と「文化」を考える

個数:

連続講義 “食べる”ということ―「食」と「文化」を考える

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 162p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784831530127
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C1039

目次

1 世界の“食”(韓国における外来食;中国の食卓;東南アジアの「奇妙」な食卓;ブラジルの食文化と社会格差;アメリカ黒人のソウル・フード ほか)
2 日本の“食”(日本の肉食史;手作り弁当の意味;「食育」の現代史;外来文化の受容ロジック―マクドナルドとスターバックスを例に;「食」と「体」 ほか)

出版社内容情報

世界の「食」は国や地域の自然環境と「文化」によって規定されています。様々な切り口から世界と日本の食文化を考える一冊。「食べる」は人間が生きていくうえで最も基本的な行為です。しかし、人は栄養を摂るためだけに食べるわけではありません。いつ、どこで、誰と、何を、どのように食べるか。世界の「食」は国や地域の自然環境と、宗教や風習などの「文化」によって規定されています。専門を異にする13人の研究者が、さまざまな切り口から世界と日本の食文化を考える一冊。

I 世界の「食」
?韓国における外来食
?中国の食卓
?東南アジアの「奇妙」な食卓
?ブラジルの食文化と社会格差
?アメリカ黒人のソウル・フード
?スペインの豚食
?一神教の「食」――食物禁忌と犠牲
  
II 日本の「食」
?日本の肉食史
?手作り弁当の意味
?「食育」の現代史
?外来文化の受容ロジック――マクドナルドとスターバックスを例に
?「食」と「体」
?なぜ「おいしい」と感じるのか

神田外語大学[カンダガイゴダイガク]
編集