ベトナム「新経済村」の誕生

個数:

ベトナム「新経済村」の誕生

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年01月21日 12時10分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 294p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784831530097
  • NDC分類 361.76
  • Cコード C3030

内容説明

新しいベトナムが、ここにある。南北統一以降、国策としてカンボジアとの国境に「新経済村」が造成された。その地は、自由入植していた「地元民」のほか、「新経済民」とよばれる北部と南部からの新たな開拓入植者たちとで形成された新しいタイプの村落である。本書は、新経済村に入り、人工的に形成されたコミュニティが歩んだプロセスを追う。

目次

「新経済村」の誕生
第1部 辺境における「国家」と社会(開拓移民政策とドンタップムオイ地域開発;新経済村カインフンの成立と発展;社会生活;経済生活)
第2部 辺境に移り住む人々(定耕すれども定住せず―2つの故郷を循環する入植者たち;長距離移動と文化的適応;「地元民」が生まれるとき―開拓居住地から行政集落へ)
結論

著者等紹介

岩井美佐紀[イワイミサキ]
1963年生まれ。1997年、一橋大学大学院社会学研究科地域社会学専攻単位取得退学(社会学博士)。現在、神田外語大学外国語学部アジア言語学科教授。ベトナム農村社会研究専攻

大野美紀子[オオノミキコ]
1959年生まれ。1999年、立命館大学大学院文学研究科博士後期課程史学専攻東洋史専修修了(文学博士)。現在、京都大学東南アジア研究所助教。ベトナム南部地域史研究専攻

大田省一[オオタショウイチ]
1966年生まれ。1998年、東京大学大学院建築学専攻博士課程単位取得退学(工学博士)。現在、京都工芸繊維大学大学院デザイン・建築学系准教授。建築史・アジア都市研究専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。