江戸後期の思想空間

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 470p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784831512246
  • NDC分類 121.5
  • Cコード C3021

内容説明

十八・十九世紀における儒学・国学・蘭学をはじめとしたさまざまな思想の交錯を“会読”という新たな読書方法の出現に注目して捉えかえし、「日本」「天皇」という観念の発生と展開を個々の思想家の内面を辿ることで探り、江戸後期の思想史を二次元から三次元世界へと開く。

目次

第1編 思想空間の成立(近世日本の公共空間―「会読」の場に着目して;討論によるコミュニケーションの可能性;蘭学者の国際社会イメージ―世界地理書を中心に;国学者の西洋認識 ほか)
第2編 国学と蘭学の交錯(近世日本の神話解釈―孤独な知識人の夢;山片蟠桃の「我日本」意識―神道・国学批判をめぐって;蘭学系知識人の「日本人」意識―司馬江漢と本多利明を中心に;只野真葛の思想 ほか)

著者等紹介

前田勉[マエダツトム]
1956年、埼玉県生まれ。東北大学大学院博士後期課程単位取得退学。現在、愛知教育大学教授。博士(文学)。専攻は日本思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

メルセ・ひすい

1
筆者の第四論文集 第一 『近世日本の儒学と兵学』  第二 『近世神道と国学』 第三は『兵学とと朱子学・蘭学・国学』 「日本」や「天皇」の言説について通史的に明らかにする。 学術書 研究書 論文集2009/05/12

tkm66

0
四十半ばの勤め人が「よく読んだなあ」と今更。2010/04/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/303984

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。