阪南大学叢書<br> 現代中国の産業振興策の推進力―中央政府・地方政府・国有企業の政策協調

個数:

阪南大学叢書
現代中国の産業振興策の推進力―中央政府・地方政府・国有企業の政策協調

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月17日 05時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784830952388
  • NDC分類 601.22
  • Cコード C3033

内容説明

中国式重点産業政策と日本企業の対応策を探る!世界から畏怖されるようになった中国の産業振興策の推進力の源泉を読み解き、その光と影を踏まえて潮流に沿うべきか否かの選択を問う。

目次

第1章 問題の所在と分析視角
第2章 中国の中央政府、地方政府、国有企業による重点産業政策
第3章 1990年代以降の中央政府と国有企業の関係
第4章 1990年代以降の中央政府と地方政府の分権と集権の関係
第5章 中国における重点産業政策への日本企業の対応策
第6章 中国の重点産業政策とASEANとの関係
第7章 ASEANにおける中国の重点産業政策への日本企業の対応策
第8章 中国モデルの堅持が「放」と「収」を生み出す源泉
結語

著者等紹介

酒向浩二[サコウコウジ]
福岡県出身。1993年慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院政策・メディア研究科後期博士課程中退。2021年千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。1993年第一生命保険入社後、1998年から2000年まで海外トレーニーとして台北、2000年から2002年まで現地法人マネージャーとして香港に勤務。2002年に日本貿易振興機構に入構し、海外調査部課長代理として中国経済を担当。2006年にみずほ総合研究所(当時、現みずほリサーチ&テクノロジーズ)に入社し、主任研究員として調査範囲をASEAN・インドに拡大。2014年上席主任研究員、2021年主席エコノミスト。博士号取得後の2022年に大学教員に転じ、城西国際大学大学院経営情報学研究科准教授、2023年より阪南大学経済学部教授。専門はアジア・グローバル経済論。アジア広域にネットワークを張り巡らせ、産業界とアカデミック界との結節点を担うべく教育研究活動を積極的に展開中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。