新型コロナ危機と欧州―EU・加盟10カ国と英国の対応

個数:

新型コロナ危機と欧州―EU・加盟10カ国と英国の対応

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年05月29日 11時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 335p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784830951237
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C3030

内容説明

世界は約百年前のスペイン風邪以来の大きな感染症危機にみまわれている。欧州の国々はEUという統合体を作ったために、加盟国とEUの双方向からの対処がなされている。本書はEU本体との豊富な外交実務経験も有する編著者、欧州現地での研究・駐在歴を持つ第一級の執筆陣が新型コロナ危機への欧州の取り組みをわかりやすく立体的に描いている。

目次

第1部 EUレベルでの動き(コロナ禍と初動期のEU国境管理―EU市民権と連帯の行方に焦点を当てて;新型コロナ危機の欧州経済への影響とEU経済政策;新型コロナ危機とEU統合―試練による統合強化の展開)
第2部 EU加盟国と英国による対処(イタリア:状況認識後の対応に注目;ドイツ:EUにおける役割の重要性;フランス:試練のマクロン体制とEU連帯の追求;スウェーデン:独自路線とEU協調との狭間で;ベルギー:連邦制の下での独自の対応;ハンガリー:我々は今,民主主義と戦争の間にいる;ポーランド:新型コロナ対策から見えるポーランド政治の特徴;バルト3国:EUの「傘」とロシアの脅威による地域協力の変容;英国:変化を加速させた新型コロナ危機)
第3部 国際秩序の変動と欧州統合の展望(新型コロナと欧州統合の将来;コロナ後の国際秩序とEU)

著者等紹介

植田隆子[ウエタタカコ]
博士(学術、津田塾大学)。成蹊大学法学部助教授、国際基督教大学教授、東京大学大学院特任教授、外務省欧州連合日本政府代表部次席大使などを経て、香川大学法学部客員教授、2021年4月より上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科講師。ジュネーブ大学高等国際問題研究所客員研究員(1985‐87年)、ブリュッセル自由大学欧州研究所(ULB IEE)客員教授(2002年、2013年)、オーストリア国際問題研究所招聘研究員(2013年)など歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くらーく

1
15人の報告をまとめたもので、統一感はないので、だらだらーっと流し読み。本なので、あくまで過去の情報でしかない。でも、こうやって記録と当時の状況をまとめて、あとで振り返ると言うのは大事な事なのでしょうな。 今感じるのは、新型コロナ対策で効果的だったのは、ロックアウトとワクチンだな、と。ワクチンが1.5年で接種可能になったのと、これといった治療薬が出ていないのは、記憶に残しておきたいな。2021/05/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17526972

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。