公益叢書<br> 東日本大震災後の公益をめぐる企業・経営者の責任

個数:

公益叢書
東日本大震災後の公益をめぐる企業・経営者の責任

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784830949142
  • NDC分類 335.8
  • Cコード C3036

内容説明

公益の日常化・市民化には、企業・経営者の参画が欠かせない。渋沢栄一らの公益活動を振り返ると共に、公益事業としての郵政、中小企業にとっての公益性、CSRやCSVに関する動向を論じ、さらに、公益法人・福祉法人のガバナンス、企業不正の検証など、幅広い現代的課題に公益の視角から取組む。

目次

第1部 公益からみた企業・経営者の課題(公益に対する企業・経営者の位置と責任―戦前と戦後の変遷;渋沢栄一の公益活動―国民外交との関連を中心として;郵政事業と公益 ほか)
第2部 問われる企業の責任と公益(企業の社会的責任(CSR)をめぐる国際的枠組み―労働分野を中心として
本業を通じたコーズ・リレーテッド・マーケティング―CSVの修正による「企業と社会の関係」の再考
公益法人の不祥事に対する企業経営の活用 ほか)
第3部 公益の視角―企業経営と生活・福祉(福祉労働の現実とステークホルダー;風評被害と企業―公益と私益の視点から;地域包括ケアにおける日本のプライマリケア―英国のGPとの比較を中心に)

出版社内容情報

CSRやCSVに関する動向を論じ、公益法人・福祉法人のガバナンス、企業不正の検証など幅広い現代的課題に公益の視角から取組む。公益(活動)の日常化・市民化には、企業の参画が欠かせない。渋沢栄一らの公益活動を振り返るとともに、公益事業としての郵政、中小企業にとっての公益性、CSRやCSVに関する動向を論じ、さらに、公益法人のガバナンス、企業不正事件の検証、福祉分野におけるステークホルダーの利害など、幅広い現代的課題に公益の視角から取組む。

巻頭言 公益の専門的・総合的研究の必要―現代公益学会の創設4年目を迎えて―(現代公益学会)

特集:東日本大震災後の公益をめぐる企業・経営者の責任 
第?部 公益からみた企業・経営者の課題 
第1章 公益に対する企業・経営者の位置と責任―戦前と戦後の距離―(小松隆二)
第2章 渋沢栄一の公益活動―国民外交との関連を中心として―(片桐庸夫)
第3章 郵政事業と公益(足立盛二郎)
第4章 中小企業と公益性(三井逸友)

第?部 問われる企業の責任と公益 
第5章 企業の社会的責任(CSR)をめぐる国際的枠組み―労働分野を中心として―(大森真紀)
第6章 本業を通じたコーズ・リレーテッド・マーケティング―CSVの修正による「企業と社会の関係」の再考―(世良耕一)
第7章 公益法人の不祥事に対する企業経営の活用(中村元彦)
第8章 企業の公益性とは何か―東芝不正会計事件の検証―(北沢 栄)

第?部 公益の視角―企業経営と生活・福祉 
第9章 福祉労働の現実とステークホルダー(安田尚道)
第10章 風評被害と企業―公益と私益の視点から―(上野伸子)
第11章 地域包括ケアにおける日本のプライマリケア―英国のGPとの比較を中心に―(山路憲夫)

現代公益学会[ゲンダイコウエキガッカイ]