組織認識論の世界〈3〉

個数:

組織認識論の世界〈3〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 250p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784830948565
  • NDC分類 336.3
  • Cコード C3034

内容説明

現代はまさに「知」の時代である。現代の経営学は、組織知および組織的なセンスメーキングを射程に捉えたものでなければならない。かつて意思決定論が20世紀の経営学の共通言語であったように、組織認識論は21世紀の経営学の共通言語足り得る。シリーズ最終巻では、組織認識研究の最前線とその未来へ読者を招待する。

目次

第12章 Krogh & Roos理論(オートポイエーシス・システムとしての組織知;スケーリング理論と言語ゲーム ほか)
第13章 ホスピタリティ・マネジメント論(ホスピタリティとは何か;ホスピタリティの源泉 ほか)
第14章 組織の適応理論と経営戦略(組織の適応理論;共有された意味世界 ほか)
第15章 福島第一原発事故(事故の経緯;現場の英断と問題点 ほか)
第16章 組織認識論の未来(GEモデルとリバース・イノベーション;BOPビジネスとオープン・イノベーション ほか)

著者等紹介

高橋量一[タカハシリョウイチ]
亜細亜大学経営学部教授、亜細亜大学大学院アジア国際経営戦略研究科教授。コンサルティングファーム・オフィスフロンティア代表。法政大学大学院社会科学研究科博士後期課程単位取得。株式会社三興専務取締役、高大金属株式会社専務取締役、ソフトバンク株式会社ソーシング戦略部長、東日本国際大学経済学部講師、法政大学経営学部講師などを経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。