ASEANシフトが進む日系企業―統合一体化するメコン地域

個数:

ASEANシフトが進む日系企業―統合一体化するメコン地域

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月18日 02時22分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 197p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830947728
  • NDC分類 338.92
  • Cコード C3033

内容説明

近年の状況を見ると、海外進出企業は集中のメリットを優先し、リスク分散をはかる必要を軽んじていた感がある。日本企業はASEANとりわけメコン地域への投資の比重を増やす行動が起きつつある。本書では一大経済圏となりつつあるGMS(拡大メコン経済圏)で、日系グローバル企業を中心に産業の集積と分散がどのように起きているかを論じている。

目次

序章 課題と分析枠組み
第1章 地域統合とサブリージョナル化
第2章 加速されたメコン地域開発
第3章 貿易面からみたASEANとGMSのダイナミズム
第4章 ASEANにおける直接投資に関する分析―日本、中国による投資を中心に
第5章 日系グローバル企業の戦略とGMSにおける産業の集積・分散
第6章 産業の集積と分散の諸条件
終章 結論と課題

著者等紹介

春日尚雄[カスガヒサオ]
1957年生まれ、福井県立大学地域経済研究所教授。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学大学院政治学部修士課程修了後、電機部品メーカー代表取締役社長などを歴任。亜細亜大学にて博士(経済学)を取得後、2013年より現職。アジア・ASEAN経済、メコン地域開発、インフラと企業立地行動が専門(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。