ユーロ銀行同盟の構図(ラビリンス)―その死角をストレステスト

個数:

ユーロ銀行同盟の構図(ラビリンス)―その死角をストレステスト

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月23日 02時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 180p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784830947520
  • NDC分類 338.23
  • Cコード C3033

内容説明

ユーロ危機の再発防止をめざすはずのユーロ銀行同盟。だが内実は真逆。通貨は一つ、財政はバラバラの寄せ木細工のユーロ体制。その銀行同盟には中枢・周縁諸国間の対立を煽る金融上の地雷が充満。これまでサブプライム、リーマン、ユーロなど一連の世界的金融危機を活写してきた著者。今回は、危険がいっぱいの銀行同盟の不都合な真実を抉り出す。

目次

第1章 危険がいっぱいのユーロ銀行同盟
第2章 穴だらけのユーロ銀行同盟―脚のそろわない三脚テーブルが銀行同盟
第3章 ドイツのユーロ銀行同盟に対する姿勢―ユーロ圏の盟主は銀行同盟に実質上、反対
第4章 ECB総裁ドラギのマジック―二〇一二年夏のユーロ崩壊危機を阻止したドラギの巧みな戦術とターゲット2不均衡問題
第5章 ユーロ圏と米国の金融システムの効率性の差
第6章 異形の中央銀行ECB―一般の中央銀行の内実をすべて欠いている「中央銀行」の解剖
第7章 ユーロ銀行同盟を導入しても危ういユーロ・レベルの金融危機対策

著者等紹介

米倉茂[ヨネクラシゲル]
経済学博士(東京大学)。1950年、鹿児島県生まれ。83年、東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。87年、佐賀大学経済学部助教授。98年、同学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。