南アフリカ社会経済史

個数:

南アフリカ社会経済史

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 304p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830946837
  • NDC分類 248.7
  • Cコード C3033

内容説明

究極の人種差別社会はいかにして形成されたのか。格差化の進む現代世界への警鐘。

目次

第1章 新しい社会の創設
第2章 新旧思想の交替
第3章 新旧フロンティアの交替
第4章 新旧産業の交替
第5章 ウィットウォーターズランドとボーア戦争
第6章 南アフリカ連邦
第7章 金鉱業
第8章 プア・ホワイトとプア・ブラック
第9章 文化的労働
第10章 産業の規制

著者等紹介

キーウィト,C.W.デ[キーウィト,C.W.デ][Kiewiet,Cornelis Willem De]
1902年オランダ・ロッテルダム生まれ。幼少期に南アフリカ・ヨハネスブルクに移住。地元のウィットウォータースランド大学で南アフリカ史を専攻し、修士号を取得した後、イギリスに渡り、ロンドン大学で歴史学の学位を取得。1929年にアメリカに移住し、アイオワ大学、コーネル大学でヨーロッパ史を講義し、イギリスの植民地史、南アフリカ史を研究した。1951~61年までロチェスター大学の学長を務め、退任後は南アフリカの高等教育のために尽力し、1986年にワシントンで没した

野口建彦[ノグチタケヒコ]
1941年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。現在日本大学経済学部教授およびTNEIR(経済研究所所長)。ケンブリッジ大学クレアホール・カレッジ、ペンブルック・カレッジの客員研究員

野口知彦[ノグチトモヒコ]
TNIER研究員。亜細亜大学経済学部卒業。ロンドン大学SOASにて3年間研修(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。