アジア経済発展論

個数:

アジア経済発展論

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 288p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784830946707
  • NDC分類 332.2
  • Cコード C3033

内容説明

過去のアジア経済発展論には、アジア各国論に終始し、恣意的に選択したアジア経済に欧米理論を応用するだけの説明方式がしばしば見られる。そうしたやりかたに飽き足らなさを感じる人たちに、対象とするアジア諸国の共通項は近代化=工業化であるとみなし、その共通項を追求するアジア諸国を対象に、新たなアジア経済発展論を展開するものである。

目次

離陸から持続的成長へ
アジアの地域経済統合:東アジア共同体への道
アジアの経済発展と直接投資
アジアの通貨と金融市場
アジアの科学技術と科学技術政策
アジア諸国の工業化と環境問題
韓国:持続的成長への課題
台湾:経済発展の特徴
シンガポール:政府主導の経済発展とその課題
マレーシア:工業化の変遷と格差問題
タイとベトナムの経済発展
フィリピン経済:持続的経済発展への課題と可能性
中国:経済大国への歩み
インド:先進国への挑戦

著者等紹介

長谷川啓之[ハセガワヒロユキ]
現職、アジア近代化研究所(代表)、日本大学名誉教授。専門、アジア経済論、経済政策論、理論経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。