グローバリゼーションと日本経済

個数:

グローバリゼーションと日本経済

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 289p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830946622
  • NDC分類 332.107
  • Cコード C3033

内容説明

グローバリゼーションの危険性が指摘されるなか、日本経済のグローバル化はもはや不可逆の流れである。未曾有の世界経済危機、加速する東アジア統合化、深刻化する地球環境問題などに対して、日本はどう対応すべきなのか。日本経済が直面しているグローバル化の新たな問題点と課題について、幅広く考察したグローバリゼーション分析の決定版。

目次

第1部 未曾有の世界経済危機への対応(サブプライム危機と世界経済;円レートと日本のマクロ経済運営;グローバル経済危機と政策協調の虚実;グローバリゼーション・世界経済危機とアフリカ;WTOドーハ・ラウンドと日本の課題)
第2部 加速する東アジア統合化への対応(日本と東アジアの貿易構造変化;東アジア経済圏の形成と日本企業;日本のFTA戦略の現状と課題;日本の外国人介護労働者の受け入れと介護政策)
第3部 深刻化する地球環境問題への対応(地球温暖化問題と日本の対応;日本の食料輸入と食の安全;新型インフルエンザとその対策;日本の廃棄物処理と国際資源循環;日系現地法人の新たな経営課題)

著者等紹介

青木健[アオキタケシ]
1941年東京生まれ。1966年早稲田大学第一政治経済学部卒業、経済学博士。杏林大学大学院国際協力研究科教授、平和祈念事業特別基金理事長を歴任。専攻はアジア経済論、開発経済学

馬田啓一[ウマダケイイチ]
1949年東京生まれ。1979年慶応義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在杏林大学総合政策学部教授。専攻は国際経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。