闇の摩多羅神―変幻する異神の謎を追う

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309224947
  • NDC分類 387
  • Cコード C0039

内容説明

天台宗系寺院の常行堂などの「後戸」に秘められた秘仏である摩多羅神。大陸由来の、秦氏と深く関わる、申楽の後戸の神であり、宿神、翁神でもある“踊る神”の謎に、文献研究とフィールド調査から本格的に迫る。

目次

第1章 広隆寺の摩多羅神
第2章 摩多羅神はどこから来たか
第3章 延暦寺常行堂
第4章 赤山明神と新羅明神
第5章 毛越寺常行堂・多武峯常行堂
第6章 東照大権現と摩多羅神
第7章 玄旨帰命壇潅頂
第8章 江戸の摩多羅神

著者等紹介

川村湊[カワムラミナト]
1951年、北海道生まれ。1982~86年、韓国釜山の東亜大学で日本語・日本文学を教える。現在、法政大学国際文化学部教授。文芸評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。