産業内貿易の経済学

個数:

産業内貿易の経済学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 347p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830946325
  • NDC分類 333.6
  • Cコード C3033

内容説明

本書は産業内貿易(IIT)研究の第一人者であるグリーンナウェイ、ミルナー両教授のグローベル=ロイド以降の包括的な研究の翻訳であると同時に、2008年ノーベル経済学賞を受賞したクルーグマン教授の同賞受賞理由である独占的競争理論や新「新貿易理論」を含め、同年までの国内外の研究を訳者が論評したIIT研究の体系書である。

目次

イントロダクション
第1部 産業内貿易理論(競争的な市場における産業内貿易;寡占市場における産業内貿易;多品種製品を生産する企業、多国籍企業および産業内貿易)
第2部 計測問題(産業内貿易の計測;産業内特化の尺度)
第3部 産業内貿易の実証分析(記録に基づく研究;方法論上の問題;計量経済学による研究と問題)
第4部 政策問題(産業内貿易の利益;貿易拡大へ向けての調整;産業内貿易と通商政策)
今後の研究分野
補論 産業内貿易論の展望

著者等紹介

グリーンナウェイ,デビッド[グリーンナウェイ,デビッド][Greenaway,David]
ノッテンガム大学GEP(グローバリゼーションおよび経済政策)

ミルナー,クリス[ミルナー,クリス][Milner,Chris]
ノッテンガム大学GEP(グローバリゼーションおよび経済政策)

小柴徹修[コシバテッシュウ]
東北学院大学経済学部教授。1943年生まれ。1966年、中央大学経済学部卒。1974年、中央大学大学院経済学研究科博士(後期)課程満期退学。2005年、東北大学大学院経済研究科博士後期課程修了。博士(経済学)。1974年、東北学院大学経済学部助手。1980‐82年、米国ハーバード大学経営大学院で日米教育委員会フルブライト・プログラムのFDF(若手研究者)フェローとしてポスト・ドクトラル・プログラム勤務・研究。1995年、日米教育委員会フルブライト・プログラムおよび国際学者交換協議会(CIES)のSIR招聘教授として、米国ワシントン州スポケーン市ホイットワース大学大学院MIMプログラムで「国際経営の政治経済的環境」、「国際経済」ならびに「日本経済」の教鞭を執る

栗山規矩[クリヤマタダシ]
石巻専修大学経営学部教授。1941年生まれ。1966年、東京大学理学部卒。1974年、東京大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。博士(経済学)。1969‐73年、財団法人国民経済研究協会研究員。1973年、東北大学経済学部助教授。1979‐81年、米国ハーバード大学エンチン研究所でビジティング・スカラーとして研究。1988年、大阪大学教授社会経済研究所に併任。1994年、郵政研究所特別研究官(通信経済研究部担当)に併任。2005年、石巻専修大学経営学部教授

佐竹正夫[サタケマサオ]
東北大学大学院環境科学研究科教授。1948年生まれ。1971年、早稲田大学商学部卒。1979年、一橋大学大学院経済学研究科博士(後期)課程満期退学。小樽商科大学商学部講師。1994年、東北大学大学院国際文化研究科教授。2003年、東北大学大学院環境科学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。