貿易・開発と環境問題―国際環境政策の焦点

個数:

貿易・開発と環境問題―国際環境政策の焦点

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 224p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830946271
  • NDC分類 519.1
  • Cコード C3033

内容説明

地球温暖化、人口増加、感染症、廃棄物処理など、環境問題はいまや地球的規模に広がり、国際的な政策課題となった。環境に配慮した社会経済システムや貿易ルール、企業行動とはいかなるものか。貿易・開発と環境問題を中心に、国際環境政策の課題を取り上げ、その現状と問題点、今後の展望を探る。気鋭の学者が織り成す3部12章の力編である。

目次

第1部 経済開発と環境(環境問題とグローバリゼーション;‘持続可能な世界’と定常経済の倫理;環境と人口問題;経済発展と環境政策;地球温暖化問題とポスト京都議定書)
第2部 貿易と環境(WTOと環境問題―予防的アプローチをめぐる対立;自由貿易と環境保護―GATT20条をめぐる貿易紛争の経済分析;WTOと発展途上国におけるHIV/AIDS治療へのアクセス)
第3部 環境と資源循環(廃棄物処理の経済学的側面;再生資源の世界貿易;環境と中国の循環経済政策;環境と企業行動)

著者等紹介

青木健[アオキタケシ]
1941年東京生まれ。1966年早稲田大学第一政治経済学部卒業、経済学博士。現在、杏林大学大学院国際協力研究科客員教授。専攻はアジア経済論、開発経済学

馬田啓一[ウマダケイイチ]
1949年東京生まれ。1979年慶応義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在、杏林大学総合政策学部教授。専攻は国際経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。