日本の新通商戦略―WTOとFTAへの対応

個数:

日本の新通商戦略―WTOとFTAへの対応

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 250p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830945236
  • NDC分類 678.1
  • Cコード C3033

内容説明

学会を代表する気鋭の学者12名による力編!農業交渉の対立や投資ルール問題の先送りなど難航する新ラウンド、忍び寄るWTO体制の危機、活発化する東アジアのFTA締結競争、出遅れた日本のFTA戦略の問題点など、その課題と今後の方向性を明らかにする。

目次

重層的通商政策の意義と問題点
ドーハ開発アジェンダとWTO体制の危機
アンチ・ダンピングとWTOの紛争解決手続き
WTOにおいて貿易と環境の問題
知的財産権の保護と貿易
WTO農業交渉と日本の対応
日本企業のグローバル化と投資ルール
FTAの経済効果と問題点
東アジアにおける分業とFTAの新展開
東アジア共同体構想の意義と可能性
加速する日本のFTA交渉
日本のFTA戦略の課題と展望

著者紹介

馬田啓一[ウマダケイイチ]
1949年生まれ。慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。杏林大学総合政策学部教授

浦田秀次郎[ウラタシュウジロウ]
1950年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。スタンフォード大学経済学Ph.D.取得。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授

木村福成[キムラフクナリ]
1958年生まれ。東京大学法学部卒業。ウィスコンシン大学経済学Ph.D.取得。慶應義塾大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)