シリーズ日本列島の三万五千年-人と自然の環境史<br> 環境史とは何か

個数:

シリーズ日本列島の三万五千年-人と自然の環境史
環境史とは何か

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月13日 04時22分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 310p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784829911952
  • NDC分類 519.21
  • Cコード C0045

目次

第1部 生物多様性と「賢明な利用」(生物文化多様性とは何か;人類五万年の環境利用史と自然共生社会への教訓;世界の自然保護と地域の資源利用とのかかわり方―先住民の民俗知とワイズユースから)
第2部 「賢明な利用」とは何か(生態学からみた「賢明な利用」;「賢明な利用」と環境倫理学)
第3部 重層する環境ガバナンス(前近代日本列島の資源利用をめぐる社会的葛藤;木材輸送の大動脈・保津川のガバナンス論―コモンズ論とのかかわりから;足もとからの解決―失敗の歴史を環境ガバナンスで読み解く ほか)

著者等紹介

湯本貴和[ユモトタカカズ]
1959年、徳島県に生まれる。総合地球環境学研究所教授。専門は生態学。植物と動物の共生関係の研究から始めて、現在は人間と自然との相互関係の研究を行っている

松田裕之[マツダヒロユキ]
1957年福岡県に生まれる。横浜国立大学大学院教授。専門は生態学、環境リスク学、数理生態学、水産資源学。持続可能な資源利用と生物多様性保全の両立を目指し、順応的生態系管理の方法論と実施についての研究に取り組む

矢原徹一[ヤハラテツカズ]
1954年、福岡県に生まれる。九州大学大学院理学研究院教授。専門は進化生物学、生態学、植物分類学。生物多様性の保全、多様性の進化などについて研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。